旧師・同窓生のご活躍

2015 Teacher Award受賞

2016年03月09日(水)
原田 李 宏子 (昭和54年 大学院英修了)
 
 高校・大学英米文学科卒業後、昭和54年(1979年)に大学院の第一号として修了しました。
現在アラスカ大学アンカレジ校の日本語科の主任を努めています。またモンゴメリー・ディクソン日本語日本文化教育センターのセンター長も兼ねております。この度 American Association of Teachers of Japanese (AATJ;全米日本語教育学会) より2015 Teacher Awardを賜りましたのでご報告いたします。
 
原田さんより嬉しいメールを頂きました。
今後の益々のご活躍をお祈りいたします。


「ふじゃま織」を伝承して

2015年05月01日(金)
宮下 珠樹 (昭和61年 短家卒)    
 梅花短期大学を卒業後、大阪デザイナー専門学校へ進学し、山梨県の富士山の麓で富士の湧水で染めた糸を丹念に織り込む「ふじゃま織」の継承と発展に日々邁進しております。

 梅花での洋裁と教職課程の学びは今なお私を支えてくれているもののひとつです。そしてあの2年間で培わせて頂いた友情は一生の宝物です。梅花時代は世の中もバブル期でもあ り、今振り返れば一番華やかでそれでいて穏やかな時代でした。忙しい毎日の中で、時折あの頃の懐かしい仲間達や先生方の笑顔を思い出しています。この度この様な形で懐かしい母校とまたふれあう機会を頂き、人生とは何とも味わい深いものだと感じております。

 森英恵・トリイユキ・ジパンシィ・パリコレクション・東京コレクションデザイナーズブランドなどのテキスタイルを手がける。舞台衣装として宝塚・アミューズメントパークキャラクターなどに採用。2008年忌野清志郎の復活ライブの衣装に採用される。
 2013年ASEAN婦人会においてシルクに関してのプレゼンテーションを行う。

ご縁に感謝を込めて

2015年05月01日(金)
相奈 良公仁子 (平成6年 大日卒) 

 2013年4月より、梅花女子大学文化表現学部にて書道の科目を担当させていただいております。在学中に久保田先生のご指導を賜り、深奥な書の世界に初めて触れることができました。卒業後は高等学校講師を経て大学院へと進学、母校の教壇に立つようになった今も梅花での学びは貴重な支えとなっています。

 書を通して、このようにご縁を頂けましたことが何よりも嬉しく心から感謝を申し上げ、それぞれの希望と多くの可能性をもつ学生に私が学んだことや経験してきたことを少しでも伝えることができればと日々努力研讃しております。三年目の春を迎えて一層気持ちの引き締まる 思いがいたします。

毎年、毎日新聞社をはじめ多くの書道展で学生の輝かしい受賞につながる指導をされています。

活躍する同窓生

2014年08月22日(金)
書道指導
相奈良 公仁子(あいなら くにこ)さん
梅花女子大学文化表現学部 日本文化創造学科講師
2014年毎日新聞社主催、第66回毎日書道展U23において、日本文化創造学科4年、書道部の黒田香奈さんが、幹事Ⅱ類で新鋭賞を受賞されました。
その輝かしい受賞につながる指導をされたのは、平成6年3月に日本文学科を卒業された相奈良公仁子さんです。

テキスタイル・デザイナー  宮下 珠樹さん
日曜の朝、テレビから「梅花短期大学出身」 という言葉が耳に入りました。
短大生の時に大阪から山梨への移住を決意し、現在、富士吉田市に居住され、富士山の麓の伝統的な織物「ふじやま織」のテキスタイル・デザイナーとして活躍されている、昭和61年3月に短期大学家政科を卒業された宮下珠樹さんを紹介されていました。
 
お二人の詳しいご活躍の様子を、次号の「この花」で紹介させて頂く予定です。
お楽しみに。

Joint Concert vol.1 のお知らせ

2014年03月18日(火)

同窓生・旧師の出版書の紹介

2014年03月18日(火)
装  丁
著者名
作品名
清水萬里 昭和24年 専育卒 歌集 この虹の橋
作詞・指導案       
    田村 朋子       
    平成5年高校卒
歌おう ・遊ぼう
小学校英語アクティビティ
怪談図書館編集委員会
手嶋ひろ美
平12年大・児卒
         ほか
怪談図書館 7 魂をあやつるピアノ
[四つ辻のほころさま]
怪談図書館編集委員会
手嶋ひろ美
平12年大・児卒
         ほか
怪談図書館 15 底なし沼の妖怪
[雨に消えた幽霊]
日本児童文芸家協会
中西 翠
平成12年大・児卒
          ほか
ふしぎファイル5 光るニンゲン
[マリアの部屋]
宮尾壽里子
 昭50年大・日卒
げっ歯類の憂鬱
書肆青樹社
シルバ寿子
五歩一寿子(旧師)
はじめての新TOEICテストいきなり600点が取れる本
(CD2枚付)
高橋書店
武美肖佳(東山肖佳)
 昭57年短・英卒
龍未晶惺
 (金崎美幸)(旧姓竹田)
 昭57年短英卒
Destiny―遥かなる宇宙より―
文芸社
おれんじゆう
(亀村二三子)(旧姓小和田)
 昭16高女・昭18専攻卒
虹色のメロディー
竹林館
梅花女子大学 児童文学科卒業生の出版本を紹介しています。 http://salutnet.com/

バリ島で大学教師

2014年03月18日(火)
S43 大日卒  中島 和子

43年から42年間東大谷高等学校で国語の教師をしていました。
この度、NGO公益社団法人アジア協会アジア友の会(JAFS)から3年間の予定でインドネシアのバリ島にあるディアナプラ大学で日本語教師として派遣され、2012年9月から赴任しています。 

 

留学生に日本舞踊を教えています !!

2014年03月18日(火)
昭44年 大英卒 羽田充子 (旧姓 河端)
5年前から梅花高校の留学生に自習時間を利用して日本舞踊と共に礼儀作法を教えています。
お稽古は浴衣で例年9月の文化祭では振袖を着て踊ります。
留学生達は皆、イキイキと楽しく練習しています。中には帰国後、母校で日本舞踊を披露しましたと嬉しい便りをもらう事があります。
平成24年9月15日(土) 9:30より円形講堂にて 留学生4名が発表します。

H氏賞にノミネートされて

2014年03月18日(火)
昭和50年 大・日卒 宮尾 壽里子
(旧姓 島田)
~文芸の淵を歩いて~

梅花女子大学日本文学在学中より、友人等のミニコミ誌に参加させて頂き、文学に親しんで参りましたが、その後、結婚して家庭を築くなかでも家事の合間を見つけて詩や小品を書いて参りました。
 
2002年に第一詩集「ある痛み」を上梓(書籍を出版)して、2010年には第二詩集「げっ歯類の憂鬱」で第61回H詩賞の候補に挙げて頂きました事は大変励みとなりました。
 
現在、子供も独立したのを機にまた学生に戻り、文学の淵を歩きはじめました。朗読という音声表現の場で発表できる作品を書きつつ、澤山保羅先生の研究も進めたいと思っております。
梅花学園という環境のなかで培われた精神を育てながら大切に歩みたいと思っております。