お知らせ

同窓会総会について

2020年04月06日(月)
同窓会会員の皆様、日頃より同窓会の運営にご協力いただき誠にありがとうございます。
 会報誌「この花」の表紙に総会開催を通知し、変更の場合はHPでお知らせする旨を記載しておりました。
 周知のとおり新型コロナウイルスの感染拡大による影響が日々大きくなっておりますが、このような状況を考慮し、役員会・幹事会においては5月9日に予定されておりました総会の開催を延期することに決定いたしました。まだ現時点において影響がどれだけ続くか先が見通せない状況であることや、やはり慎重な対応が求められるものと判断いたしました。
 正式な日時場所については改めて各支部長様に通知、ホームページへアップいたします。どうぞご理解のほどよろしくお願い申し上げます。
 
2020年4月6日 
会長 川端澄子

お出かけサロン「堺の文化・歴史と世界遺産を訪ねるバスツアー」延期について

2020年04月06日(月)
同窓会誌「この花」p27に掲載しています


5月26日(火)実施予定の、お出かけサロン「堺の文化・歴史と世界遺産を訪ねるバスツアー」は、新型コロナウイルス感染の影響を考慮し、延期いたします。

 

梅花幼稚園 絵本クラブ「こうめ文庫」について

2020年02月27日(木)
梅花幼稚園の絵本クラブ「こうめ文庫」は、約25年前、梅花女子大学児童文学科の教員だった三宅興子先生が設立され、現在も大学院生と卒業生で活動しています。幼稚園の子どもたちと楽しく絵本をよみあい、子どもたちがどんな風に絵本を聞いていたか振り返り、絵本を深くよむ視点を大切にしています。絵本が好きな方、子どもが好きな方、ご一緒に絵本をよみませんか? 関心のある方は、ご連絡ください。
  • 日時:毎週金曜日 12時~15時
  • 場所:梅花幼稚園(豊中市)
  • 連絡先:koume2020☆koume-bunko.sakura.ne.jp
    ※迷惑メール防止のため☆を@(半角)に変えてください。

サロン講座中止のご案内

2020年02月25日(火)
同窓会の皆様には日頃より同窓会活動にご協力いただきありがとうございます。
猛威をふるっている新型コロナウイルスの為、下記サロン講座を中止させていただきます。
  • 2月27日(木)「健康寿命の延伸」 小鶴祥子先生
  • 3月12日(木)「色えんぴつペイントアート」 木下輝美先生
また、3月末日まで文化教室・支部会・同窓会の打ち合わせ等の同窓会館の使用も中止させていただきます。
皆さまにはご不便をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2020年看護学科ホームカミングデーのお知らせ

2020年02月19日(水)
 2020年、梅花女子大学に看護学科が設立されて10年を迎えます。これまでの卒業生は500名を超えるに至りました。これも、卒業生の皆様の実績とご支援の賜と心から感謝申し上げます。
この度、卒業生の親睦を深め、教員・母校との交流をはかるべく、ホームカミングデーを始めることとなりました。皆様が教員を交えて、近況やご活躍の様子、また看護学科の将来についてなど、気軽に語り合っていただく機会になればと考えております。万障お繰り合わせの上、ご参加くださいませ。
緑豊かな美しい母校で、皆様にお目にかかれますことを、楽しみにしております。
  • 2020年6月14日(日)13:00~15:00
  • 場所:梅花女子大学F棟203、204教室

なお、随時情報は、大学ホームページや同窓会ホームページに掲載しますので、ご留意ください。

(看護保健学部長 河村 圭子)

創立142周年記念礼拝・校祖墓参

2020年01月22日(水)
2020年1月19日澤山記念館礼拝堂で開催されました。
創立142周年記念礼拝
 
表 彰
 
礼拝後 大阪市設南霊園に出掛けました。  
墓 参

卒業アルバム寄贈していただきました

2019年11月26日(火)
昭和8年高女卒の財田(たからだ)様のご子息より心温まるお手紙を添えていただきました。
同窓会館に置いています。
母が100才の誕生日を迎へた時、卒業アルバムを本棚から出してきて、ちょっと誇らしげに梅花の事を一生懸命に話していると少女の様な笑い顔がとてもかわいらしく印象的でした。
私も84才、この年で親を見送る事が出来るとは本当に感無量でございます。
母104才没        合掌
※画像クリックで拡大
アルバムの表紙 伊庭校長と先生の集合写真

グローバル人材育成プロジェクト 海外留学支援制度 はじめました

2019年10月31日(木)
標記の制度は「英語の梅花」の伝統を継承し、世界的規模で活躍できる女性の育成を目的として中学3年生を対象とした同窓会留学支援制度です。
  1. 期間 中学3年3月末日~高校1年6月末日(3ヶ月)
    2019年度は3月25日~6月19日
  2. 留学先 高校2年生リベラルアーツコース国際教養専攻カナダ学期留学プログラムに同行  
  3. 対象者
    中学3年生   1~4名
    海外留学での学習活動に対する明確な目的意識を有し、原則として英語技能
    検定試験準2級以上を取得している者
    学業成績・人物ともに優秀である者
    心身ともに健康で、3ヶ月間のプログラムに適応できる者
    高校のリベラルアーツコース国際教養専攻に進学する者
  4. 支援金 留学費用の約半額を補助する
 ※ 2018年4月28日付け 中学校山田正夫校長より3年生保護者向けの案内文より抜粋
 

10月1日 海外留学支援制度を受けられた高1の中村歩生さんがお礼に来館されたので感想などお聞きしました。
  1. 応募しようと思ったのはなぜ?
    個人的に2018年夏にオーストラリアに留学してもっと海外で勉強したいと思いました。
  2. 留学が決まってどう思いましたか?
    英語力に自信が無かったので先生にお願いして居残り勉強をしました。特に発音の勉強をしました。発音が悪いと通じない事があり、発音教材を持参していたのが役立ちました。2ヶ月くらいで生活に馴染んだころ、通じるようになりました。
  3. 留学先ではどこに泊まってましたか?
    私から見て、パパ ママ 妹 弟というファミリー宅にホームステイしました。
    自宅ではあまりお手伝いをしていなかったのですが、カナダでは洗濯物を干したりお料理のお手伝いをしました.お料理も教えてもらいました。反対に、お米とだしを持参したので、日本料理を作り食べていただきました。お米は炊飯器がないと聞いていたので、お鍋で炊く練習をして行きました。肉じゃがは喜んでもらいました。オムライスは不思議な食べ物だったみたいです。
    帰国後 ホストファミリーからサマーカードをいただきました。大変嬉しかったです。
  4. クラスには馴染めましたか?
    1・2時間目はお世話になった高校で梅花生だけの授業、3・4時間目は現地のクラスでの授業に参加しました。
    フィットネスのクラスで帰国まえに色紙をもらいました。今もSNSでつながっています。フランス語も少し勉強しました。数の数え方や簡単な会話を習いました。
    テレビの字幕はフランス語と英語の両方が出ておもしろかったです。
  5. 帰国されて数か月たちますが 自身に何か変化はありますか?
    留学を通して英語をもっと勉強したいという気持ちが強くなって、ランチタイムにEngine Only Spaceへ行き、ネイティブの先生と会話をしたり、放課後も先生に指導を受けていました。
  6. このプロジェクトを後輩に勧めたいですか?
    中学生から今回のプロジェクトについて質問をされて、体験が話せてうれしかったです。ぜひ 後輩に勧めたいと思います。
  7. カナダで困ったことや戸惑ったことはありましたか?
    日本について「何故犯罪が少ないのか?」と聞かれきちんと答えることが出来ない事がありもっと日本の勉強をして行ったら良かったと思いました。
    学校の中には変った雰囲気の人もいて、同年代には見えない人もいました。少し驚きがありました。体調を崩すことはなかったです。
    アイメイクのクラブは面白そうだったが、時間が無く参加出来なかったのは残念でした。

同窓会総会 開催報告

2019年06月18日(火)
2019年5月14日(火)午前11時~
千里阪急ホテル クリスタルホールにて無事に同窓会総会を終えることができました。
感謝をもってご報告申しあげます。