御礼と記念品の送付について

2014年11月29日(土)
 母校が創立100周年を迎え、去る11月3日(月)に、大阪国際会議場(グランキューブ)にて記念式典・記念行事を、リーガロイヤルホテルにて記念祝賀会を挙行いたしました。
ひとえに会員の皆様のご協力があってのことと感謝申し上げます。

 記念事業の一環として記念誌「今工百周年」を刊行し、記念DVD「今工100年のあゆみ」を制作いたしました。
ご寄付・ご寄稿いただいた会員様へは記念誌・記念品を贈ります。ご高覧くだされば幸甚です。

【記念DVD(2枚組)について】
◇今工100年のあゆみ1: DVDプレイヤーで再生できます。DVD再生機能を持つパソコンでも視聴できます。
◇今工100年のあゆみ2: パソコン専用です。視聴のためのソフトウェアは不要ですが、旧OS(win-xpなど)では視聴できないことがあります。
今工会報をご覧になるときは、Adobe-Readerが必要です。

ホームページ管理

コメント 2 件

  1. 清国宣明より

    創立100周年記念のプログラムが無事終了されたこと、お慶び申し上げます。
    小生(昭和27年・電気卒)も招待状をいただいておりましたが、遠方(横浜在住)のため参加しませんでした。
    先日、11月21日、大阪で大学のクラス会の後、多少時間ができたので卒業以来初めて母校を訪問し、昔からは想像できないくらい立派になっているのに驚きました。
    そのときお会いした先生から記念品を頂戴しました。うっかりお名前を伺うことを忘れてしまい、失礼しました。記憶では平成になっての卒業で機械の先生だったようです。
    頂いた記念誌の287頁、吉田久寛さんの項に小生の写真が載っておりました。前列、左から二人目です。

    小生、卒業後、阪大の電気工学を出て重電メーカーに勤務しました。その現役中に電気学会の100周年の募金集めや記念事業の委員会の幹事を経験し、いろいろ苦労もしましたので母校の100周年の事業には特に関心がありました。

    記念事業も無事終わり、これを一つの節目として母校がますます発展されることを心よりお祈りします。
    記念品を下さった前述の先生に呉々もよろしくお伝え下さい。


  2. 清国宣明より

    先日、記念誌はすでに頂いたので送付の必要はないとの思いでコメントを差し上げましたが、間に合わず、また一式を受け取りました。返送するのもどうかと考え、このまま頂戴し、活用する方法を模索します。

    重ね重ねのご厚情、有り難うございました。


コメントする