学校近況報告

岩倉高校での教育実習を終えて~明星大学 上杉菜那さん~(平成29年度普通科卒業)

①実習生 上杉先生より
 私は教育実習を行うまで、生徒とうまくコミュニケーションが取れるか、授業をうまくできるかなどが不安で落ち着けませんでした。実習初日に指導教諭の方にどうコミュニケーションを取ればいいのかを相談したところ、「こういうのはどうだろうか。」と一緒に考えてくださいました。その案がきっかけとなり、クラスの生徒たちとコミュニケーションを取れるようになりました。また実習でたくさんの先生の授業を見学して、「今、目の前で素敵な授業をしている先生も今の私と同じ時期があったんだ。」、「積み重ねてきたから先生方は素敵な授業ができているんだ。」ということに気が付くことができました。これに気が付けたことで、少し緊張が和らぎました。
 今回の実習で教員の様々な大変さと様々なやりがいを体験することができました。先生になる道を諦めていましたが、「やはり私は教員になりたい。また挑戦しよう。」と思えるとても濃密な3週間を過ごすことが出来ました。
 この大切な時間を母校である岩倉高校で過ごすことができ、幸せでした。岩倉高校で体験し、学んだことを必ず活かせるように頑張ります。本当にありがとうございました。
 
 
②指導教諭 岸先生より
 チューターとして勤務する中で、勉強の質問対応を経験しているので、生徒に分かりやすい板書や説明ができていました。また、すべての授業で、メタモジの資料を丁寧に作成しており、どのように教えたら生徒に分かりやすいかを考えて準備していることが伝わりました。生徒に解かせる時間の配分など、うまくいかなかったこともありましたが、授業を重ねるごとに改善され、最後は立派な研究授業を行うまでに成長していました。残りの期間のチューターとしての活躍と、今後の社会人としての活躍を期待しています。
 
指導教諭 岩本先生より
 上杉先生は岩倉高校の卒業生であり、高校生時代は私が数学を担当していました。そのため、実習最初の頃は距離感がお互い難しかったですね。授業は初回に比べて、数段レベルアップしたと思います。いつか一緒に働けたら嬉しいです。その時はハンカチとティッシュを忘れずに持ってきてくださいね!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です