後援会長挨拶

下関市立大学後援会
会長 松下 晋治
 
 後援会会員の皆さまにおかれましては、ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。また、日頃より本会の運営にご理解とご協力をいただき、厚くお礼申し上げます。
 今年度におきましても、新型コロナウイルス感染症の影響により、皆さまにお集まりいただいてご承認いただく通常の後援会総会の開催ができず、書面による決議となりました。書面決議の結果、2021年度後援会長として、皆さまからご承認いただきました。会員の皆さまとともに、学生と大学の支援をお手伝いさせていただくことになりましたので一年間よろしくお願いいたします。
 下関市立大学後援会は、大学と連携をとりながら、学生たちのサークル活動や資格取得などの大学の教育事業を援助するなど、学生一人ひとりが充実した大学生活を送り、自信に満ちた社会人として羽ばたいていけるよう、人生の礎を築くための支援を行っています。
 新型コロナウイルスの一日も早い事態の収束を願いつつ、このような状況の中であっても、さまざまな活動を通じて、後援会の目的が少しでも達成できるよう、今後とも会員の皆さまのご理解、ご協力をよろしくお願い申し上げます。