後援会会則

下関市立大学後援会会則
改正 平成 28 年6月 12 日
(名 称)
第1条 この会は、下関市立大学後援会と称する。
(事務所)
第2条 この会は、事務所を下関市立大学 (以下 「大学」 という。) 内に置く。
(目 的)
第3条 この会は、大学の教育事業を援助することを目的とする。
(事 業)
第4条 この会は、前条の目的を達成するため次の事業を行う。
 (1) 学生の勉学・厚生指導に対する援助
 (2) 図書および施設拡充のための援助
 (3) 教員の研究調査に対する援助
 (4) その他教育上必要な事項
 (構成員)
第5条 この会は、大学学生の保護者をもって組織する。ただし、外国人留学生の保護者は除く。
 (役 員)
第6条 この会は、次の役員を置く。
 (1) 会 長 1 名
 (2) 副会長 2 名
 (3) 理 事 若干名
 (4) 監 事 2 名
 (5) 書 記 若干名
 (6) 顧 問 若干名
 (役員の任務)
第7条 役員の任務は次のとおりとする。
 (1) 会長は、会務を総理し、本会を代表する。
 (2) 副会長は、会長を補佐し、会長に事故あるときは、その職務を代行する。
 (3) 理事は、理事会を構成し、会の運営にあたる。
 (4) 監事は、会計を監査する。
 (5) 書記は、会計および庶務の任にあたる。
 (6) 顧問は、総会および理事会の諮問に応ずる。
 
 
 
 (役員の選任方法)
第8条 役員は、次の方法により選任する。
 (1) 会長および副会長は、理事およびその職にあった者の中から理事会が互選する。
 (2) 理事は、会員の中から互選し、さらに若干名を大学教職員の中から、会長が委嘱する。
 (3) 監事は、会員の中から互選する。
 (4) 書記は、会長が任命する。
 (5) 顧問は、理事会の推薦により会長が委嘱する。
 (役員の任期)
第9条 役員の任期は、1年とする。ただし、再任を妨げない。
(会 議)
第10条 会議は、総会および理事会とする。
第11条 総会は、毎年1回学年始めに開く。ただし、理事会が必要と認めたときは、臨時総会を開くことができる。
2.総会は、次の事項を行う。
 (1) 予算の審議決定
 (2) 決算の承認
 (3) 役員の選任
 (4) 会則の変更
 (5) 会務の報告
 (6) その他必要な事項の審議決定
第12条 理事会は、会長、副会長、および理事をもって構成し、必要に応じ随時会長が招集する。
2.総会に付議すべき事項は、あらかじめ理事会の承認を経なければならない。
第13条 総会および理事会の議決および承認は、出席者の過半数の賛成を必要とする。
(会 計)
第14条 この経費は、次の収入によって支弁する。
 (1) 会費
 (2) 寄附金
 (3) 雑収入および利子
2.前項の会費は、在学期間分 52,000 円とし、入学当初納入するものとする。また、一旦納入した会費は返還しない。
3.この会の会計年度は、毎年4月1日から翌年3月 31 日までとする。
 
附 則 この会則は、昭和 47 年4月 1 日から施行する。
附 則 この会則は、平成 10 年5月 31 日から施行する。
附 則 この会則は、平成 28 年6月 12 日から施行する。