鈴木敏夫校長就任のご挨拶

2021年06月17日(木)
 この春の定期人異動により、愛知県立田口高等学校の校長に着任いたしました鈴木敏夫と申します。今年で80周年の節目を迎える、歴史と伝統を誇る本校に勤務することができ、大変うれしく思います。出身は設楽町や東栄町の隣、新城市(旧鳳来町)です。同じ奥三河ということで、この北設楽地域には知り合いの方も多く、本校に勤務することにご縁を感じております。このご縁を大切に、本校の教育活動の充実、ひいては、この北設楽地域の活性化のために、精一杯努めていきたいと思います。
 4月6日、新たに26名の新入生を迎え、令和3年度がスタートしました。翌日の始業式で全校生徒と初対面をしました。初めて見た本校の生徒の姿勢は凛々しく、清々しく、とても頼もしく感じました。現在、本校の在校生は3学年全体で69名という小規模の学校です。しかしながら、生徒一人ひとりが主役となって、学習や部活動、農業クラブ、生徒会など、それぞれの場面で頑張っています。
 本校のモットーは「一人ひとりを大切に」です。この精神を全教職員が肝に銘じ、一人ひとりの生徒の夢の実現のために全力で取り組んでいます。小規模校だからこそできる家庭的な雰囲気の中で、笑顔あふれる学校を目指したいと思います。
 本年度、本校は創立80周年を迎えます。同窓会会員の先輩方が脈々と引き継いで来られた80年の実績を次の飛躍へのジャンプ台として、新たなステージに向かって飛び立ちたいと考えています。今後とも、同窓会会員の皆さまの、本校教育活動へのご理解とご支援をお願いいたします。
ホームページ管理

コメントは受け付けていません。