母校のあゆみ

昭和17年
 財団法人剣心学園横浜中学校設立。
 認可理事長兼中学校長として黒土四郎氏就任。
 横浜市中区常盤町1丁目YMCAの一部を仮校舎として開校式を挙行。
 横浜市磯子区岡村町古泉13番地に校舎第一次工事着工。(181坪)

昭和18年
 岡村の地に自前の校舎が完成。(含講堂91坪)

昭和19年
 戦時中で生徒は勤労動員として出向、週1回の登校。

昭和20年
 戦局悪化に伴い、自然休校。
 終戦。ほどなく始業式を迎える。


昭和21年
 横浜市金沢区富岡町510日平産業株式会社青年学校校舎
 および工員宿舎買収移転

 第1回卒業式 卒業生51名

昭和22年
 本牧中学校廃校により全校生徒479名転入学許可。
 学制改革による横浜中学校設立認可。


昭和23年
 学制改革による横浜高等学校設置認可。

昭和24年
 種々の改革がなされる。

昭和25年
 同窓会発足。

昭和26年
 
財団法人剣心学園を学校法人徳心学園に組織変更認可。

 校歌制定。
 商業科併設。
 自治会を生徒会と改称。校歌が誕生。


ホームページ管理 | コメント(0)
昭和27年
 創立10周年記念式典挙行。
 記念事業図書館65坪竣工。


昭和28年
 生活指導面強化のため、生活指導部を補導部と改称。

昭和29年
 躾週間、清掃週間が設けられる。

昭和30年
 読書週間が設けられる。

昭和31年
 創立以来初めての鉄筋コンクリート3階建校舎(第一校舎)439坪竣工。
 横溝三郎を擁する陸上部が、関東高校駅伝大会で初優勝。

昭和32年
 創立15周年。

昭和33年
 学校長黒土四郎の古稀祝賀会。

昭和34年
 校地4,260坪日平産業株式会社より買収。
 模擬テストの実施など次々と新しい方針が打ち出される。


昭和35年
 鉄筋コンクリート3階建校舎(2号館校舎)536坪竣工。
 陸上部、関東高校駅伝大会5連覇。


昭和36年
 クラス主任のほかに、副主任制がとられる。

(敬称略)

ホームページ管理 | コメント(0)
昭和37年
 創立20周年。(10月23日創立20周年記念式典挙行。)
 鉄筋コンクリート2階建(本館)238坪竣工。
 学校長黒土四郎が藍綬褒章を授与。


昭和38年
 野球部、第45回全国高校野球選手権大会初出場。ベスト4。
 鉄筋コンクリート4階建校舎(3号館)282坪竣工。

 理事長兼学校長黒土四郎氏辞任学園長となり、理事長に黒土將文氏、
 学校長に黒土創氏就任。

昭和39年
 オリンピック東京大会の聖火リレーに本校陸上競技部が参加。
 竣工が相次ぎ、環境整備が進む。
 ・1号館増築、鉄筋コンクリート4階建延160坪。
 ・図書館
、鉄筋コンクリート中3階建延138坪。
 ・渡り廊下他、鉄筋コンクリート2階建延45坪。
 ・講堂兼体育館、鉄筋コンクリート3階建延665坪。

昭和40年
 待望のボイラーによる全館暖房が完成。

昭和41年
 建学の父、黒土四郎先生逝去。

昭和42年
 創立25周年記念式典挙行。初の全校ハイキング。(学校~円海山)

昭和43年
 本校独自の英語の副読本が作成される。

昭和44年
 この年から各学期末に全校作文が行われる。

昭和45年
 時間割の変更を実施。

昭和46年
 念願のプールが完成。

(敬称略)

ホームページ管理 | コメント(0)
昭和47年
 創立30周年。10月に記念行事。(体育祭、文化祭、音楽祭)

昭和48年
 第45回選抜高校野球大会、初出場。初優勝。

昭和49年
 前年に続き、第46回選抜高校野球大会出場。学校周辺の開発進む。

昭和50年
 高1を対象に県立野外教育センターで合宿訓練が始まる。

昭和51年
 周年行事企画委員会が発足。

昭和52年
 創立35周年記念式典挙行。
 創立35周年記念館竣工。(鉄筋コンクリート3階建延1,914㎡)

昭和53年
 第60回全国高校野球選手権大会出場。

昭和54年
 文化部クラブ棟竣工。(鉄筋コンクリート2階建延688.5㎡)
 理事長黒土將文が藍綬褒章受章。

昭和55年
 第62回全国高校野球選手権大会、初優勝。
 地元の街頭や沿道で15万人ものファンから祝福。

 全国高校アーチェリー選手権大会、団体優勝。
 第34回全国高校ボクシング選手権大会、優勝。

昭和56年
 前年に続き、第63回全国高校野球選手権大会出場。
 三者面談が全学年
6月に。

昭和57年
 創立40周年記念式典挙行。
 校長黒土創が神奈川県より教育功労者表彰。


(敬称略)

ホームページ管理 | コメント(0)
昭和58年
 パーソナルコンピューターが試験的に導入。
 第37回全国高校ボクシング選手権大会、団体優勝。
  同大会ウェルター級、優勝。(石戸大政)
  同大会ヘビー級、準優勝。(河西勝巳)
  同大会ライトフライ級、準優勝。(北川竜生)

昭和59年
 近代的な教育設備をもつ特別教室棟(視聴覚棟)が完成。
  (鉄筋コンクリート2階建750.12㎡)
 校地184.4坪 殖産土地相互KKより買収。
 中学校用地16,583.83㎡ 日平産業KKより買収。
 野球部、選抜大会出場。

(敬称略)

ホームページ管理 | コメント(0)
昭和60年
 念願の横浜中学校が再開。学園全体の生徒数は1825名に。
 中学校校舎竣工。(鉄筋コンクリート4階建1,638.78㎡)
 校地19,013.75㎡を買収。

昭和61年
 中学校体育館・高校校舎竣工。(鉄筋コンクリート地下1階地上3階延2,050.98㎡)
 普通科に、特進コースと体育コースを新設。


ホームページ管理 | コメント(0)