同窓会概要

同窓会会長 相 良 正 典(機械工学科1回卒)

 1963年 4月に隼人の地に産声を上げた私達の鹿児島高専も、来年2013年で50周年を迎えます。同窓会名簿も16回目の発刊となり、創立49周年を迎えました。創立50周年にふさわしい事業の検討は10年前より行われて来ましたが、平成23年度の同窓会理事会で、50周年の事業について学校の役に立てるような目的の同窓会会館の建設を決定致しました。同窓会の卒業生や在校生、教官と多くの学校関係者が利用できるような施設にしたいと思っています。

 また、今回より名簿の作成をウェブサイトにてご利用できるよう致しました。印刷コストの削減を行い、名簿作成の労力を軽減し、名簿に携わる方々の労力を省きました。これによって常に新しいデータを提供できるようになります。平成23年 3月現在同窓会会員数6,766名うち未確認者約1000名、在校生本科専攻科計1,100名、合計約7,600余名が、私たち同窓会の同胞です。49年の間に7,250名程度の卒業生ですが、多くの同窓生が、国内はもとより世界中で活躍されています。同窓会という会の姿は、同窓会会員の名簿そのものが同窓会であると確信しております。

 今回の名簿作成につきまして、約1,000名の方に連絡がつきません。この点につきましては、名簿空白の部分を、皆さんのご協力で埋めたいものです。今後は短時間の更新ができますので、よりタイムリーに近況を知ることができると思います。

 多くの所在不明者についても毎回不明者リストを入れ、できるだけ正確に会員所在の確認を致しております。この点もメールの連絡等方法を考えてまいります。

 前回報告致しましたが、鹿児島高専に入学し何らかの理由で卒業できなかった方にも同窓会に入会していただいています。同窓会入会を希望する該当者の御紹介も宜しくお願い致します。

 また、ウェブサイトを利用するにあたり、セキュリティの問題等充分に検討致しますのでご了解下さい。また3年に一度の同窓会発刊の姿が少し変わるかもしれません。ウェブサイトの運用によって1年ごとの更新になるかもしれません。運用上の問題等を検討し、方向付けを致したいと思います。

 最後に、同窓会を支えている会員の皆様方をはじめ、ご協力いただいている校長先生をはじめ教官、職員、後援会の皆様に感謝するとともに、皆様をはじめご家族全員のご健康とご発展を祈念してご挨拶とします。

 

post by ホームページ管理 | コメント(0)