会長挨拶

会長 益本洋子

 本校の前身は大正15年 故 河野タカ先生により設立された河野高等技芸院であり、学校教訓である「自覚・感謝・温雅」を大切に、歴史と伝統を重んじ、小笠原流礼法指導を受けて参りました。
 卒業式は現在も先輩方が作られた紫の袴で厳かに行われております。この伝統ある卒業式は、本校だけのものであると自負しております。お陰様で、卒業生総数約9,000名となりました。現在の校長大井治實先生をはじめ諸先生方のご指導の賜物と深く感謝申し上げます。
 平成13年に男女共学となりましたが近年の著しい少子化により29年度より男子生徒の募集停止となりました。しかし、幾多の変遷や困難を乗り越えながら、平成28年に学園創立90周年を迎えられたことは大変喜ばしく思っております。
 同窓生の皆様には、これからも創立者の理念を求め卒業生として地域社会に貢献できる人となっていただきたいと思っております。
 桜山同窓会はこのたびホームページをリニューアルいたしました。卒業生や学園の身近な様子や行事等を掲載し、一環した同窓会を目指したいと思っておりますので、ご協力いただきますようお願い申し上げ、最後になりましたが皆様と桜山同窓会が一層充実繁栄することを祈念し挨拶とさせていただきます。

桜山同窓会 会長 益本洋子 <昭和34年 家庭科卒業>