第十二回紫熊祭(11/2~4)

2023年12月11日(月)
2023年度 学生部部長 中村優志
 
 熊本大学学園祭「第十二回紫熊祭」が11月2~4日に開催されました。対面での学園祭は昨年度から開催されていましたが、今年度からは飲み物だけでなく食べ物の販売が解禁されたこと、一般の方の参加に制限が課されないことが大きな違いです。今年度になってやっとコロナ禍以前と同じような学園祭を楽しめたかなと満足しています。
 
 今年度の蘇遙会学生部ではメロンパンアイスを販売しました。販売には学生部の役員だけでなく、1年生から3年生が主に関わり、4年生以上の先輩方も応援に駆けつけていただきました。また、一般の方々からも「美味しい」と好評をいただき学園祭を盛り上げることができました。学園祭を通じて他学年・学部との交流と土木学科の宣伝ができたと思います。
 
 今回の活動で2年生は盛り上げる力が秀でていると感じたので来年の学園祭では今回以上に盛り上がるのではと期待しております。
 
 今年度も残りわずかとなりましたが活動行いますので学生部を温かくお見守りいただけましたら幸いです。

 
コメント(0)
2023年度 学生部部長 中村優志
 
 蘇遙会学生部は2021年度ぶりとなる研修旅行を実施しました。目的地は世界文化遺産「天草の﨑津集落」であり9月25日から26日の一泊二日の日程でした。
 「天草の﨑津集落」は長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産の一つであり、﨑津集落は教会近くに﨑津諏訪神社もあり禁教期に神道、キリスト教といった宗教が共存し特有の文化形態を育んだ歴史と、美しい自然環境と海岸線が魅力的な地域とされており大学の田中尚人先生からのご助言を参考に目的地に選定しました。

           カトリック﨑津教会前にて
 
 参加者は学部1年生から修士1年の合計24名でありレンタカーを利用して移動しました。初日には大学にてガイダンスがあったため16時出発となり当初の予定を変更し初日は宿泊地の小島公園キャンプ場へ移動し二日目に﨑津での研修を行いました。宿泊地ではバーベキューと花火を通して学生同士の親睦を深めました。学部1年生の参加が多く上級生に学業面での相談から私生活面でのことまで様々に盛り上がり、交流会としては十分に楽しむことができました。