お知らせ

【共催】ジョイントシンポジウム 未来を加速する革新的加工技術(3/30)

金属や機械の分野では、"加工"は材料の変形や塑性加工を意味する場合が多いが、本来、加工の意味するところは、"手を加える"という点にある。例えば食品の加工や画像の加工といった場合、明らかに塑性変形は意味していない。
つまり加工技術とは、広く手を加える技術であり、新時代のものづくりでは、種々の分野において、近年この、"手を加える技術(加工技術)"の進展が著しい。
 今回、周辺の関連技術も含め、先進的な加工技術およびその将来展望を念頭に、分野の枠を超え新たな融合を模索する未来志向のシンポジウムを企画させていただいた。積層造形(3Dプリンター)、MI (マテリアルズインフォマティクス)、および 革新的加工シミュレーションなどの新たな連携を通じ、未来を先取りするビジョンを共有することを目的としている。またこの実現のために、岐阜大学地域連携スマート金型技術研究センター、名古屋大学材料バックキャストテクノロジー研究センター、および名古屋大学未来社会創造機構マテリアルイノベーション研究所からなる横断型のジョイントシンポジウム形式とさせていただいた。
特にこの4月より、岐阜大学と名古屋大学は、東海国立大学機構として、新たなる飛躍への挑戦をスタートさせる。この記念すべき機会に、是非とも皆様のご参加をお願い申し上げる次第です。

共催:名古屋大学 共晶会(材料教室、旧金属・鉄鋼教室同窓会)
協賛:日本工学アカデミー中部支部、日本金属学会・日本鉄鋼協会東海支部 (予定を含む)
日時:2020 年3 月 30 日(月) 13:30~17:15
会場:名古屋大学 ベンチャー・ビジネス・ラボラトリー,ベンチャーホール(3F)
アクセス:名古屋市営地下鉄 名城線「名古屋大学駅」徒歩3分
参加費: 無料(なお先着 60 名程度とさせていただく場合がございますので、ご了承ください)。
参加申込: 2020 年 3 月20 日(金)までに、ご氏名、ご所属を明記の上、
電子メールにてお申し込みください(件名は「ジョイントシンポジウム申込」として下さい)。
申込先:名古屋大学 材料デザイン工学専攻 小山敏幸(koyama(@)※material.nagoya-u.ac.jp)
(@)を半角@にして下さい
 
シンポジウムプログラム(以下、敬称略):
13:30               開 会 の 挨 拶
13:35~14:15   3Dプリンタが創る新しい形 ~ラティス金属の特徴と展開~ 名古屋大学: 教授 小橋 眞
14:15~14:55   金型製造技術としての金属AM法の特徴: 岐阜大学 准教授 新川真人
14:55~15:10                      休 憩
15:10~15:50   塑性加工プロセスシミュレーションの知能化への取り組み:岐阜大学 准教授 吉田佳典
15:50~16:30   特性最適化を目指す熱間加工プロセスモデリング技術:名古屋大学 准教授 湯川伸樹
16:30~17:10   最新数学、コンピュータビジョン、機械学習を取り入れた鉄鋼材料学:名古屋大学 教授 足立吉隆
17:10~17:15   閉会の挨拶

開催案内

理事選挙

令和2~令和3年度理事選挙を、「名古屋大学共晶会会則」に基づき、実施致します。

会員の自薦もしくは他薦による立候補者を受け付けます。 

第5回卒業生(OB・OG)との交流会を開催しました(R02.1.15)

2019年度の共晶会・健友会共催「卒業生との交流会」が、令和2年1月15日(水)に名古屋大学 南部食堂1階 Mei-diningで開催されました。
この会は、今回が第5回目で、OB・OGと在学生の意見交換を図るとともに、共晶会員の材料系学生にとって就職活動の応援にもなるような交流となっています。昨年度より平成29年度の改組により旧化工同窓会「健友会」と共催、名称も「卒業生との交流会」とし、計30社からのOB・OGの方々(以下は企業名で敬称略・50音順:愛知製鋼㈱、アズビル㈱、共立マテリアル㈱、㈱神戸製鋼所、㈱小松製作所、JSR㈱、JFEスチール㈱、信越化学工業㈱、新東工業㈱、住友化学㈱、積水化学工業㈱、大同メタル工業㈱、竹本油脂㈱、DOWAホールディングス㈱、東亞合成㈱、東邦ガス㈱、東洋エンジニアリング㈱、東レ㈱、豊田合成㈱、日油㈱、日揮ホールディングス㈱、日本ガイシ㈱、日本製鉄㈱、㈱ノリタケカンパニーリミテド、三菱自動車工業㈱、三菱電機㈱、三菱マテリアル㈱、ムツミ工業㈱、㈱UACJ、リンナイ㈱、所属企業様に、多大なるご支援をいただきました。同窓会の新しい交流の場として発展しています。
形式は二部形式で、第一部は大学院生、学部生(約60名)がOB・OG(各企業様)を巡ってお話しさせていただきました。OB・OGの方々と学生間で、非常に熱の入った情報交換が展開され、先輩OB・OGからここでしか聞けない情報を得ることができ2時間があっという間に過ぎてしまいました。第二部は懇親会を行いました。健友会からは吉田会長、共晶会からは金武会長にお越し頂き説明会の興奮冷めやらず、またアルコールも入ってきて、さらに本音の交流の場となりました(共晶会・健友会員学生は無料招待)。
会の後では、多くのOB・OGの方々また学生諸氏から、有意義な会であった旨のお言葉を多数いただきました。OB・OG各位、また応援いただいた企業様、ご関係の皆様方に、深く御礼申し上げます。
(企業連携幹事 足立吉隆)

《会員からのお知らせ》「金属・鉄鋼工学科昭和48年卒の同窓会【MIS48】」を開催しました (R01.11.09)

  2019年11月9日(土) 金属・鉄鋼工学科昭和48年卒の同窓会「MIS48」が名鉄ニューグランドホテル7階で開かれ、今年は15名のメンバーが参加いたしました。
MIS48の由来ですが、Metal(lurgy),Iron & Steel engineering の頭文字から MIS、それに和暦の卒業年度の昭和48年の48を付加してMIS48とした、と聞いています。
 研究室メンバーやプライベートな集まりは以前からあったようですが、金属・鉄鋼工学科昭和48年卒としてのまとまった同窓会は卒業後持たれたことはなかったようです。2011年の秋に、有志が連絡が取れる同窓生に連絡を取り、名古屋大学東山キャンパス内のグリーンサロン東山のレストラン花の木で第1回S48卒同窓会が開かれ、約20名が集まりました。
 初めの頃は有志が幹事をして隔年で集まっていましたが、その後退職などで余裕があるメンバーが増えてきて毎年11月に定例として同窓会を持とうということになり、幹事は出身研究室の持ち回りで担当することになりました。同窓会第4回に当たる2016年度は上田研、2017年度は戸澤研、2018年度益本研が担当され、今年2019年度は安達研が担当し、来年の2020年度は井村研に担当して頂くことになっています。
 今年度の同窓会の直前に石川登さん逝去の知らせが入り、小島さんのお声がけにより同窓会から供花と弔電を供えていただきました。同窓会の冒頭で黙とうを捧げ、お通夜に参列された小島さんから状況をお話し頂きました。
 その後は出席の皆さんから、近況などについてお話をいただきました。まだ多くの皆さんが現役として、あるいは地域のリーダー/世話役などとして活躍されており、その関係で同窓会を残念ながらご欠席せざるを得なかった方もありました。
 2時間半の楽しかった宴の後、会場で記念の集合写真を撮り、来年の再会を約して一次会は散会となりました。その後、時間に余裕がある方は2次会のカラオケに席を移して懐かしい昭和の歌を熱唱し、最後に全員で伊吹おろしを歌って今年の同窓会の締めをいたしました。
 もし同窓会MIS48に関する連絡が届いていない昭和48年卒の方がいらっしゃいましたら、幹事グループに引き継ぎますので Takehiro.Nakashima(@※)gmail.com までメールアドレスを是非お知らせ下さい。
(※(@)を半角@にしてお送りください)
 
第7回同窓会MIS48(2019年度)幹事グループ  中島 武洋

2020年度総会・講演会について

日頃より名古屋大学全学同窓会の活動にご支援・ご協力を賜り,誠にありがとうございます
来年度の総会について例年6月第三土曜日としていましたが
次回総会につきましては名大祭の日程に合わせることとなり

2020年6月13日(土)に総会・講演会を開催予定と致します。
皆様のご参加を心よりお待ちしております。

《会員からのお知らせ》「浅井滋生先生の喜寿をお祝いする会」を開催しました(R01.9.21)

2019年9月21日(土)14:00より、名古屋駅前のキャッスルプラザにて、恩師である浅井滋生先生の喜寿をお祝いする会を開催しました。当日は、鞭研時代も含めて、浅井先生にお世話になった卒業生・修了生52名が集い、参加者一人一人が浅井先生の喜寿を言祝ぎました。また、久しぶりに会う仲間と近況をお互いに報告しつつ、学生時代の思い出話で盛り上がり、楽しい時間を過ごすことができました。浅井先生は現役時代から研究ばかりはなく、ジョークでも名を馳せてお見えでしたが、アマゾンから「工学博士の笑い学」との本を出版されたとの由、最後のご挨拶もジョークで締められて、会場は笑いに包まれつつ無事に閉会となりました。
ご参加いただきました皆様、ありがとうございました。今回は発起人が連絡可能な範囲で卒業生にお声がけいたしました。
今回ご案内できなかった鞭研・浅井研OBの皆様で、今後連絡をとらせていただくことをご希望の方は、下記メールアドレス
(iwai(@)eng.hokudai.ac.jp)宛、その旨記載いただきましてご連絡ください。
(※(@)を半角@にしてお送りください)
再度、このような会を開催して欲しいとの声が多数ありましたので、
何かの機会に鞭研・浅井研同窓会を開催するかもしれません。  
「浅井滋生先生の喜寿をお祝いする会」発起人一同

会長挨拶を更新しました

2019(令和元)年度 会長挨拶を更新致しました
https://www.web-dousoukai.com/kyosho/overview/

2019年度(令和元年度) 理事会・総会・講演会・懇親会を開催しました(R01.6.15)

2019年度(令和元年度) 理事会・総会・講演会・懇親会を開催しました.
1.日時:2019年6月15日(土)13:00より
2.場所:名古屋大学 ES総合館
3.理事会・総会:13:00~14:30
  (1)開会の辞
  (2)2018年度 会長挨拶
  (3)教室主任挨拶
  (4)議事
    (理事会)

  • 新役員・新理事・新幹事の選出
    (総会)
  • 新会長挨拶      
  • 平成30年度事業報告
  • 平成30年度決算・監査報告
  • 支部活動報告
  • 2019年度事業計画案
  • 2019年度予算案
  • 健友会(旧化工OB会)との統合について
  • その他 

(5)閉会の辞
 
4.講演会(第2回 未来創造講演会): 14:40~16:25
  会場 :名古屋大学 ES総合館
  第1部:14:40~15:30
  「大学からイノベーションを興す!
                時価総額5000億円のペプチドリーム社はいかにして成長したか」
 菅 裕明 氏(東京大学大学院理学研究科 教授・ペプチドリーム社創業者)

 第2部:15:35~16:25
  「名古屋大学マテリアル工学科の将来ビジョン」
  小山敏幸 氏(名古屋大学大学院工学研究科 教授)
 
5.懇親会: 16:40~18:10
会場:名古屋大学 レストラン花の木
参加費:正会員 4,000円 学生 1,000円

ログインのID、パスワードについて

5月上旬に郵送にてご案内しています宛名用紙に出力していますパスワードについて
初期のパスワードとなっておりまして、
既にご自身で変更された方や システムから新規通知した場合のパスワードとは異なっています。

年会費について

共晶会では、平成27 年度より、『学外OB および大学関係者の双方に喜ばれる共晶会づくり』を基本方針として活動をすすめています。
会員数の拡充と会費納入の安定化を目的として、下記の会費納入制度を実施しています。
ご確認、ご活用のほど、よろしくお願い申し上げます。
 

1.2019年度会費について

2019年度の会費は1,500 円(会費1 年分)です。
過払い金に関する情報は、同封の払込票の金額に反映させていただきました。

2.コンビニ決済サービスについて

コンビニエンスストアにて会費を納入いただけます。
同封の払込票をご利用ください。(2019年7月31日迄)

3.会費の前倒し納入への対応について

会費の前倒し納入(まとめ払い)に対応いたします。
同封の払込票の金額をご希望の納入金額にご変更いただき、郵便局にてお払い込みください。
なお、コンビニエンスストアでは、払込票記載の金額を変更できませんのでご注意ください。
例:5年分を前納の場合 払込票(郵便局のみ)の金額を二重線で削除し7500円と記載して下さい

4.85 歳以上の会員の会費について

85 歳以上(2019 年3 月末時点)の会員の会費が無料となります。
以降、退会願をご提出いただくまでは、継続して会員サービスをご利用いただけます。
(退会する旨下記のコメント欄にお送り頂けましたら退会手続きをさせて頂きます)

5.会費滞納者の復帰ルールについて

会費滞納者は、入会金相当額1,000 円ならびに当該年度1 年分の会費の納入によって当該年度より会員向けサービスを回復します。
ご不明な点がございましたら共晶会事務局までお問い合わせください。
振込用紙を紛失なさった方は下記の口座にお振込みください。
お振込みの際はお手数ですが会員番号又は卒業年度、お名前をご記載下さい。


 【銀行振込の場合】
ゆうちょ銀行
店名:二一八(読み ニイチハチ)
店番:218, 
預金種目:普通預金
口座番号:1444624
名義:ナゴヤダイガク キヨウシヨウカイ

【郵便振替の場合】
記号-番号:00840-7-20882
口座名:名古屋大学共晶会

年会費の入金状況をマイページでもご覧いただけます。
※コンビニ入金の場合は反映に3ヶ月ほど要しますが郵便局でのご入金の場合は1週間ほどで反映しています。