お知らせ

夏季休暇に伴う事務局閉室のお知らせ

下記の日程につきまして、事務局を閉室させて頂きます。
電話、メールは8/17(月)以降から対応させて頂きます。

8/13(木)~8/14(金)

関東支部長挨拶更新のお知らせ

関東支部長挨拶を更新いたしました
関東支部長 挨拶

第34号「元廣友美先生 定年記念特集号」

2020年度は第34号「元廣友美先生 定年記念特集号」を発刊いたします。 

第34号「元廣友美先生 定年記念特集号」

※ページへは、ログインが必要です。ID、パスワードは、毎年お送りしている
案内の送付状に記載されています。
既にご自身で変更された方やシステムから新規通知した場合のパスワードとは異なっております。

今年度(2020年度)の郵送物に関して

例年は6月に執り行われる理事会・総会ですが、
今回は新型コロナウイルス感染拡大防止による対面開催の自粛要請などにより、
書面上での約1ヶ月遅れでの開催となりました 。
会員の皆さまにはご迷惑をお掛けしておりますが郵送物に関しましては7月下旬までには
住所をご登録頂いている方にはお手元に届くように準備を進めていますので
暫くお待ち願います。

8月以降 郵送物が届かない場合は下記コメント欄まで
御連絡下さい。

 

2020年度総会等の中止について

名古屋大学 共晶会
 会員 各位
名古屋大学共晶会
会長 金武直幸
2020年度総会等の中止について
 
前略 平素より共晶会の運営・活動にご理解を賜り、感謝申し上げます。
 さて、既にご連絡しておりますように、未曾有の新型コロナウイルス感染拡大防止の観点より、会員の健康と安全を最優先に考えて、
2020年6月13日(土)に開催を予定しておりました2020年度の総会・講演会・懇親会を中止いたしました。
つきましては、総会中止に伴う対応について幹事会役員と相談しまして、
6月末に開催しました理事会(書面審議)にて、以下のように対応することをご承認いただきましたので、ご連絡申し上げます。
 草々
 
● 総会中止に伴う対応について
 共晶会の会則(第5章)には、総会は毎年1回定期開催することが規定されています一方、総会成立の定足数は規定されていません。
 そこで、今後の新型コロナウイルス感染症の状況を見通せない中、総会の延期開催を判断するのは非常に困難です。
また、数千名の会員を対象に書面審議を実施することは、事務局の作業負担および経費負担の観点から不可能であると考えました。
そこで、今年度に限った特別措置として、6月に開催しました理事会(書面審議)の審議結果を総会の決議事項として代行し、今年度の事業運営を進めることといたしました。
 尚、理事会承認後の総会決議事項の詳細資料は、共晶会ホームページ(ログイン後のマイページ)にて閲覧いただくことが可能です。(閲覧可能期間は2020年9月末日まで)
 会員の皆様には、未曾有の新型コロナウイルスの状況にご配慮いただき、以上の特別措置にご理解を頂きますとともに、
年会費の納入など今後の共晶会運営へのご協力を、宜しくお願い申し上げます。

※総会専用ページへは、ログインが必要です。ID、パスワードは、毎年お送りしている
案内の送付状に記載されています。
既にご自身で変更された方やシステムから新規通知した場合のパスワードとは異なっております。

2020年総会資料

年会費について

共晶会では、平成27 年度より、『学外OB および大学関係者の双方に喜ばれる共晶会づくり』を基本方針として活動をすすめています。
会員数の拡充と会費納入の安定化を目的として、下記の会費納入制度を実施しています。
ご確認、ご活用のほど、よろしくお願い申し上げます。
 

1.2020年度会費について

2020年度の会費は1,500 円(会費1 年分)です。
過払い金に関する情報は、同封の払込票の金額に反映させていただきました。

2.コンビニ決済サービスについて

コンビニエンスストアにて会費を納入いただけます。
同封の払込票をご利用ください。(2020年9月末迄)

3.会費の前倒し納入への対応について

会費の前倒し納入(まとめ払い)に対応いたします。
同封の払込票の金額をご希望の納入金額にご変更いただき、郵便局にてお払い込みください。
なお、コンビニエンスストアでは、払込票記載の金額を変更できませんのでご注意ください。
例:5年分を前納の場合 払込票(郵便局のみ)の金額を二重線で削除し7500円と記載して下さい

4.85 歳以上の会員の会費について

85 歳以上(2020 年3 月末時点)の会員の会費が無料となります。
以降、退会願をご提出いただくまでは、継続して会員サービスをご利用いただけます。
(退会する旨下記のコメント欄にお送り頂けましたら退会手続きをさせて頂きます)

5.会費滞納者の復帰ルールについて

会費滞納者は、入会金相当額1,000 円ならびに当該年度1 年分の会費の納入によって当該年度より会員向けサービスを回復します。
ご不明な点がございましたら共晶会事務局までお問い合わせください。
振込用紙を紛失なさった方は下記の口座にお振込みください。
お振込みの際はお手数ですが会員番号又は卒業年度、お名前をご記載下さい。


 【銀行振込の場合】
ゆうちょ銀行
店名:二一八(読み ニイチハチ)
店番:218, 
預金種目:普通預金
口座番号:1444624
名義:ナゴヤダイガク キヨウシヨウカイ

【郵便振替の場合】
記号-番号:00840-7-20882
口座名:名古屋大学共晶会

年会費の入金状況をマイページでもご覧いただけます。
※コンビニ入金の場合は反映に3ヶ月ほど要しますが郵便局でのご入金の場合は1週間ほどで反映しています。

材料教室情報(2020年度)を更新しました

2020度旧材料教室一覧

平成29年度の改組によりマテリアル工学科、物理工学科と分かれました。
「研究室(通称)」の青い字の部分をクリックしていただくと、各研究室ホームページをご覧いただけます。

マテリアル工学科

専攻 講座 研究グループ 研究室(通称) 氏  名
材料デザイン
工学専攻
計算材料設計講座 計算組織学 小山・塚田研 小山 敏幸 教授
塚田 祐貴 准教授
計算材料物性学 君塚研 君塚 肇 教授
湯川 宏 助教
構造形態制御工学 足立研 足立 吉隆 教授
小川 登志男 講師
先端計測分析講座 ナノ構造制御学 山本研 山本 剛久 教授
徳永 智春 助教

シンクロトロン応用工学
(シンクロ協力)
高嶋・伊藤研 髙嶋 圭史 教授
伊藤 孝寛 准教授
郭 磊 助教
ナノ構造設計講座 環境材料工学(IMaSS協力) 小澤研 小澤 正邦 教授
服部 将朋 助教
ナノイオニクス設計工学 入山研 入山 恭寿 教授
本山 宗主 講師
山本 貴之 助教
材料加工工学 湯川研 湯川 伸樹 准教授
阿部 英嗣 助教
物質プロセス
工学専攻
先進プロセス工学講座
材料複合
プロセス工学
小橋・髙田研 小橋 眞 教授
髙田 尚記 准教授
鈴木 飛鳥 助教
結晶成長情報工学
(IMaSS協力)
宇治原・田川・原田 研 宇治原 徹 教授
田川 美穂 准教授
原田 俊太 准教授
物質創成工学講座 エネルギー・環境材料創製工学 宇佐美・黒川研 宇佐美 徳隆 教授
黒川 康良 准教授
後藤 和泰 助教
ナノスピン・磁性材料創成工学 水口研
水口 将輝 教授
化学システム
工学専攻
材料化学講座 材料高温化学 松尾研 松尾 豊 教授
伊藤研 伊藤 孝至 准教授
界面システム工学 乗松研 乗松 航 准教授
材料電気化学
(未来社会協力)
市野研 市野 良一 教授
萩尾 健史 助教
松宮研 松宮 弘明 准教授
界面・反応動力学 齋藤研
稗田研
上野研
齋藤 永宏 教授
稗田 純子 准教授
神本 祐樹 准教授
上野 智永 助教
エネルギー変換材料工学(COI協力) 川角・一木研 川角 昌弥 特任教授
一木輝久 特任准教授
  

物理工学科

専攻 講座 研究グループ 研究室(通称) 氏  名
物質科学専攻 物質デバイス機能
創生学講座
高圧力物質科学 長谷川・丹羽研 長谷川 正 教授
丹羽 健 准教授
佐々木 拓也 助教
ナノスピン物性工学 浅野・植田研 浅野 秀文 教授
植田 研二 准教授
羽尻 哲也 助教
ナノ解析物質
設計学講座
材料設計工学 松永・中村研 松永 克志 教授
中村 篤智 准教授
横井 達矢 助教

御寄附のお願い

現在、共晶会の運営は会員の皆様より納入頂く年会費で賄われております。
しかしながら、会員数が増加する一方で、会費の納入が減少し続けており、
今後、従来通りの運営を継続維持することが困難になると予想されています。

寄付をいただける方は、『寄附金申込書』をダウンロードして必要事項を記載していただき、
メールにて同窓会事務局までお送りください。

個人で御寄附の場合は税法上の優遇措置が適用されます。
別途お送りする領収書を控除証明書として確定申告書に添付し、所轄税務署へご提出ください。

 

464-8603

名古屋市千種区不老町名古屋大学工学研究科

マテリアル工学専攻内
名古屋大学 共晶会事務局
E-mail:
kyosho(@)web-dousoukai.com
(@)を@に変換して下さい


寄附申込書

《会員からのお知らせ》卒業60周年S34卒クラス会の報告(R01.10.19)

 外山隆さんが、毎年ゴルフの例会を持っている中部・関西の級友達の要望を受け、大変な苦労をして何とか十人と無事連絡をとってくれた。
共晶会事務局堀田依里さんのお勧めもあり、名大のホームカミングデイに合わせて集ることにした。
以下出席者の感想を簡簡単に紹介して報告に代えます。

外山 60年ぶりに会う友は容姿風貌に変化があり、一瞬戸惑ったものの各自の近況報告を聞いているうちに昔ながらの声話し方が思い出され、懐かしさが一入であった。終活の話題はあまり出なかった。今回集まれなかった級友の消息をもっと知りたかったが、全国に散らばっておりあまり交流も無いようで、話題にならなかったのは残念だった。名大OBからなる名古屋男性合唱団で歌っているので、毎年演奏会を開く豊田講堂周辺はなじみがあるが、学生実験の合間によく散歩した裏山や工学部2号館のあたりの景色は一変しており、60年の歳月の流れを痛感した。滝子に在った教養部から東山の学部へ移った当時の白茶けた禿山のキャンパスのあれこれを話すのも楽しかった。

小島吉夫 卒業後の名大の変貌ぶりは折に触れてみてきましたが、ここ数年のご無沙汰中にまた一段と高層化し、喫茶・食事処の立派になったこと、中でも全自動トイレは流石に技術の最先端を行く。60年ぶりに会うので顔が分かるかと思ったが、皆昔の面影があり楽しかった。帰り道のわびしかったこと。

古川良治 学生時代には大学の近くに下宿して、毎日の三食をバラックのような学生食堂で食べていました。木造校舎も沢山残っていました。あれから60年大木の茂る学内を歩き回って夢のようであり、大学の発展を嬉しく思いました。

平井淳一 68歳で篆刻を始めました。全然経験もなく市の講座を受講して、始めたのです。
平成24年以降、三重県展入選6回、伊勢市展岡田文化財団賞を受賞しました。米寿まではまだ5年間ありますが、奥深い方寸の世界を極めたいと思っています。必要な体力の維持のために21年間市のトレーニング・ジムで筋トレを継続しています。

安田冨郎 残念ながら大塚和彦、平野豊、水野祥男、成田勝彦さんからはコメントが届かなかったので、私から簡単にご紹介します。大塚さんは楽器製造会社の社長として成功され、地域振興にも貢献されているそうです。
安田は学生時代に囲碁を教えて頂き今大切な趣味の一つとなっています。
平野さんは川埼製鉄時代偶然私の義兄と鋼管の米国売込みのタッグを組まれ、公私ともに深い交流があったことが分かり世の中の狭さに驚嘆しました。また私の義弟が古川さんの住友金属での後輩に当たることも分かりました。
水野さんは平井さん・平野さんの音頭取りで始まった級友ゴルフ仲間に大阪から出てきて参加し、飛ばし屋として老いても未だ衰えぬ飛距離を誇っておられるとのことです。
成田さんは現在岡山県玉野市に住んでおられるが、現役時代は東北地方福島県の伊達市が勤務地でした。安田とも意識することなく何度も交差したはずで、級友たちの生涯の移動軌跡を重ね合わせてみる機会があれば面白いなと、いつもの好奇心が湧いてきました。最後になりましたが、今回のクラス会をスムーズに開けたのも、事務局堀田さんの援助に負うところが多く、厚く感謝いたします。米寿で開くクラス会で又お世話になれればと期待しています。有難うございました。
(安田編)

共晶34号(web)