お知らせ

村田会長が大日方新法学部長を訪問しました。

令和3年8月20日、村田信一会長が熊本大学法学部長室を訪ね、本年度新たに法学部長に就任された大日方信春教授と対談しました。
対談では、村田会長から平成29年度から実施している寄附講義(同窓会会員講師による特別講義)について、本年度も引き続き講師派遣で協力する旨説明があり、法学部長から謝意をいただきました。
また、熊本大学武夫原会として、毎年実施している現役の学生に対する支援活動、特にコロナ禍における在学生へのグローバル人材育成事業についての意見交換も行いました。
今後も引き続き学部と連携し、学部発展に本会が寄与していくことを確認しました。

今年度の理事会について

令和3年度第1回熊本大学武夫原会理事会は、昨年度に続き、新型コロナウイルスの感染防止対策のため、書面審議(審議期間:7月8日~7月14日)で行いました。
今年度の理事会では、コロナの鎮静化後に再スタートする各地域武夫原会 の活動の支援を目的とした費用を計上し、地域武夫原会活動の活性化を図ることとしました。また、理事会の機能強化のため、常任理事の増員を図りました。
理事会の議事概要については、コチラ をクリックしてください。
また、新たな役員名簿については、コチラ をクリックしてください。

熊本大学武夫原会会報「武夫原」第29号ができました。

↓画像クリックで閲覧できます。↓
 

熊本大学武夫原会会報「武夫原」第29号を掲載します。
この第29号を発行した、3月、4月は、少し落ち着きつつある時でしたので、今年の卒業式は代表者のみの出席で、また、入学式は入学者が全員出席して、いずれも県立劇場で挙行されました。
しかし、その後また感染が拡大してきたため、理事会は書面での開催となりました。
また、今年度(2021年度)の各地域武夫原会の総会や熊本大学連合同窓会などの開催は、いずれも中止を予定しています。
少しでも早く、コロナ禍が収束することを心より祈念します。


 

会長挨拶を更新ししました。

こちらからご覧ください。

五高記念館の建物が見えるようになりました

五高記念館は、2016(平成28)年4月の熊本地震で瓦や煙突が落ちるなど、大きな被害を受けていました。
その後、復旧工事に伴い外から建物が見えなくなっていましたが、今月、工事用の被いが取り外され、その姿が見えるようになりました。細部まで美しく再現されており、12月の竣工が楽しみです。
※画像クリックで拡大
深町武夫原会副会長撮影(2021年6月)

令和2年度熊本大学卒業生表彰式が開催されました。


 11月22日(日)午前10時30分から、熊本大学工学部百周年記念館で、令和2年度熊本大学卒業生表彰式が開催されました。今回の対象者は14人で、うち11人が出席。
 武夫原会からは、高松満至さん(S35・3法文・法卒)、酒井康隆さん(S39.3法文・法卒)、佐野二郎さん(S46.3法文・法卒)の3人が受賞。原田信志学長から表彰を受けたあと、水元豊文文学部長、鈴木桂樹法学部長、村田信一会長を交えて昼食会が行われました。皆様おめでとうございました。(文責・野口)

村田会長が瑞宝中綬章を受章

2020年秋の叙勲で、村田信一武夫原会会長が瑞宝中綬章を受章しました。県副知事としての長年の功労に対して授与されたもので、武夫原会としても大変喜ばしく思います。ただ、新型コロナウイルスの影響で、大臣伝達式及び天皇陛下への拝謁は中止となったということで、コロナ禍の収束を祈るばかりです。(文責・野口)

令和2年度熊本大学卒業生表彰式が開催されます。

 11月22日(日)午前10時30分から、熊本大学工学部百周年記念館で、令和2年度熊本大学卒業生表彰式が開催されます。例年はホームカミングデーと同じ日でしたが、今年は新型コロナウイルスの影響でホームカミングデーが中止になったため、単独開催となりました。
 今年度の武夫原会からの受賞者一覧は次の通りです。
氏名 年齢 卒業年 略歴・実績等
酒井康隆 79 S39.3法文(法) 元ライオン事務機常務。熊本大学関西武夫原会の常任幹事として同窓会活動に尽力。関西福岡県人会副会長なども務めた。
佐野二郎 73 S46.3法文(法) 熊本マリスト学園高校非常勤講師。会報「武夫原」創刊から2018年まで、会報委員として写真撮影など編集作業に携わった。
高松満至 86 S35.3法文(法) 日本電信電話公社、トーツー創研。東京武夫原会副会長として会の運営、発展に寄与。現在も顧問として貢献度が高い。