活動報告

2021年 秋のハイキング

関西武夫原会ポスターを作成しました


※クリックすると大きな画像が表示されます。

今般関西武夫原会の宣伝用ポスターを作成しました。
これは関西に熊大の同窓会が存在していることを広く アピールすることが狙いです。
現在ポスターは熊大文学部・法学部の建物内に掲示してあります。
写真は筆者が先日熊大を訪問した時のものです。         S54卒 松田亨

「令和3年度熊本大学卒業生表彰式」に出席して

S 45 文科卒  今泉(岩永)富美子
 
  ハロウィンであり衆議院選挙、そして私の74歳の誕生日でもあった、その10月31日に母校、熊本大学に行って参りました。思いがけなくも、「卒業生として表彰」をしていただくために。

県道337号線を挟み、赤門の対面にある門よりすぐの「工学部百周年記念館」へ。少し早く着くと、入口の辺りでスタッフの方々がキビキビと準備をしておられました。始まりの時間まで、色づき始めたばかりのイチョウの木の下で、同じ関西から、一緒に表彰を受ける、教育学部同窓会の岡本さんとお喋りをしたりしていました。






 今回、表彰を受けたのは16名。その中で、武夫原会関係は私も含めて5名。文科からの2名は私と、同じ国文科卒の森正人先生(先生の方が1年後輩です)でしたので、お話ができて嬉しく思いました。
  大阪の「国立循環器病センター」勤務から熊本に帰ってこられた小川久雄・新学長から、一人一人に、賞状と記念品を頂き、その後、記念撮影、昼食懇談会と続きました。懇談会の武夫原会のテーブルで、村田会長を中心に和やかなひと時を過ごさせていただきました。


 関西武夫原会の総会に出るようになったのは、会う機会のなかなかない大学時代の親友と会うためでした。ハイキングが好きで武夫原会の春と秋のハイキングに欠かさず参加していたら、「常任幹事にならないか」と呼んでいただき、なんとこのような表彰を受けることになりました。人生とはオモシロイですね。
 
 金木犀の香る五高記念館の近く、夏目漱石の句碑があります。
       秋はふみ 吾に天下の 志
この季節に口ずさみたい句です。そうすると心の中を清浄なものが流れていきます。そしてまた、「熊大歌留多読み札」コンクールの最優秀賞である次の句も私に勇気を与えてくれます。





 
       漱石も 八雲も君も 誇りなり
 熊本大学をこれから巣立つ人たちも、すでに巣立った人々も、それぞれの場所で自分らしく元気に生きていきますように!    (2021/11)
 
夏目漱石先生の座像 ラフカデイオハーン(小泉八雲)先生の
レリーフ像
龍南健児の像

第58回定例ゴルフコンペを開催致しました

令和3年11月8日(月)六甲カントリー倶楽部にて第58回定例ゴルフコンペを開催致しました。
晴天に恵まれ3組9名ですが、初参加の方もおられ、実り多い一日を過ごすことができました。
次回は来春になりますので、多くの会員の皆様のご参加をお待ちしております。
幹事 松田亨

武夫原ゴルフ会定例コンペ開催

令和3年6月7日 六甲カントリー俱楽部にて第57回定例コンペが開催されました。
昨今の情勢により参加人数は7名(女性は1名)でしたが、晴天に恵まれ、有意義な一日を過ごすことが出来ました。(当然のことながら感染対策には十分留意しております)
また同時に第18回定期総会が開催され、令和2年度の活動報告、会計報 告等が承認されました。
次回は今秋であり、多くの会員の皆様のご参加をお待ちしております。
事務局  松田亨(昭和54年 卒)

第56回武夫原ゴルフ定例コンペ 開催報告

2020年12月7日(月)六甲カントリー倶楽部にて第56回武夫原ゴルフ定例コンペが開催されました。
12月とは思えない好天に恵まれ、紅葉も残る中、総勢12名の参加です。
常連の方、久し振りにご参加される方、お怪我から復活参加される方など様々な方がおられます。
今回の優勝は若手のKさんで、新しい風を感じる活躍でした。
尚次回コンペは令和3年3月の予定であり、できるだけ多くの皆様のご参加を心からお待ち致しております。

2020 秋 武夫原会ハイキング 摩耶山

S54年卒   松 田  亨
 
2020年11月8日(日)秋晴れの中、武夫原会ハイキングが開催されました。
今回は神戸の摩耶山で、参加人数は9名です。
JR三ノ宮駅からバスで摩耶ケーブル下駅まで移動してロープウエイに乗り換え。
散策コースは掬星台(展望&昼食)→森の小径→オテルド摩耶→摩耶天上寺→自然観察園→掬星台です。
↓画像クリックで拡大↓
皆さん日頃の行いが良いのか、11月にしては暖かい日差しに恵まれたまさにハイキング日和という感じです。
↓画像クリックで拡大↓
神戸を一望できる場所で頂くお弁当がとても美味しいのと、メンバーの楽しい会話に時間がたつのを忘れてしまう一日でした。
↓画像クリックで拡大↓

関西武夫原会 秋のハイキング報告 

令和元年、秋のハイキングは11月17日(日)、洛北の鞍馬から大原への道を歩きました。
 

「もみじのトンネル」をくぐって

 京阪電車の出町柳駅に集まったのは9名。「お天気で何よりですね」などと言いながら叡山電車へ。市原~二ノ瀬の間は「もみじのトンネル」で有名です。展望列車「きらら」の車窓からイロハモミジ、オオモミジなどの紅葉が美しく、満員の車内から歓声が上がりました。終点の鞍馬駅に着くと、大天狗のモニュメントの前で写真撮影。いつもながら「Kumamoto University」のタオルを広げるのが恥ずかしいような、誇らしいような・・・。

 

ハートブレイクの薬王(やっこう)坂

 鞍馬寺を左に見て、格子戸の美しい鞍馬街道を少し進み右手へ。薬王坂。ハイキングに慣れていない人にとってはいきなりでキツイかも、と気になっていた登り。やっばり、2,3弱音を吐く声が聞こえてきました。(ゆっくり、ゆっくり頑張ってね!)でも、30分ほどで頂上、静原の里が眼下に見えた。
 
 

大銀杏の下でお弁当

 静原神社の前が児童公園になっていて、そこの大銀杏が見事に黄金色に色づいていました。私たちが着いた時にたくさんいたハイカーたちは、すでに昼食を終えていて、すぐにスタートしたので、この銀杏の樹の下を独占してお弁当タイム。Mさんがいつも持ってきてくれる人吉の焼酎。Kさんのワインはコルク抜きがないので開けられず残念。

 

 江文(えぶみ)峠から大原の里へ

 峠と名は付いていますが、江文峠は薬王坂に比べれば緩い登り。この峠から舗装道路を数十メートル進み、山道をせせらぎに沿って下ると、やがて大原の里。養鶏場の鶏がコケコッコーと賑やかに出迎えてくれた。「ベニシアさんの家はどこでしょうね」とYさん。(皆さん、ご存知ですか?NHKのEテレ・『猫のしっぽ、カエルの手』のイギリスの女性です。各国を旅して、落ち着いたのが、日本の京都のここ大原の里。ここでハーブを育てています)
 ゆったりと広がる大原の畑では、青々といろんな野菜が育っていますが、「これはすぐき菜かな・・・?あれは・・・?」と、みんな、自信がありません。

 

 建礼門院を偲んで、寂光院

 民家や民宿の並ぶ辺りを寂光院に進む。門前の漬物屋で味見をしながら皆が揃うのを待っていましたが、2名ほど足りません。そこへ電話あり、なんとその二人は「三千院の前にいる」と。「大原」と言えばやっぱり「三千院」なんですね、デュークエイセス世代は。 9名揃ってから、寂光院の境内に。この尼寺が、火災で損傷したことは記憶していますが、それが平成12年(2000年)で、あれからもう20年近く経ったのですね。立派に復元されていて、本堂では昔は無かったマイクに依る解説も行われていました。本尊の六万体地蔵尊、建礼門院の御像、阿波内侍の御像に手を合わせました。裏山には、建礼門院の御陵や侍女たちのお墓もあるということでしたが、今回はパスしました。まさに燃える秋、至る処で美しい紅葉に出会い、お喋りを楽しみながらの、素晴らしい1日でした。             
 
第18回<昭和45年>卒 今泉(岩永)富美子