120周年記念誌のご案内
第1次申し込み締切を9月15日と致します。よろしくお願いします。

2017年岩倉高等学校は創立120周年を迎えました。
それに伴い岩倉高等学校の120年のあゆみをまとめた記念史が作成されました。

同窓生の皆様にはぜひ手に取っていただいて、これまでの岩倉高等学校の歴史と、未来につながる今の岩倉高等学校をご覧いただければと思います。

※画像はクリックで拡大します。
   

岩倉高等学校120年史:80ページ・カラー・B5サイズ
(ゆうメール着払いで発送致します・本体無料)

(着払い料金は321円です。お住まいの地域・取り扱いの違いなどで差額が発生する場合があります)

ご希望の方は以下の注意事項をご参照の上、下記フォームにてお申込み下さい。
事務局で申し込みの確認後、記念誌を発送させて頂きます。

※現在は卒業生のみのご案内となっております。

記念誌が届かない場合は、住所等の確認をさせて頂きますのでお電話番号もご入力下さい。

お申し込みフォーム

※旧字体・半角カナは文字化けしますので使用されないようにお願いします。
 お名前の漢字で旧字体のある方は備考欄に字形について記載下さい。

お名前 (必須) 姓  名 
フリガナ(必須) セイ メイ
生年月日 (必須)
会員種別(必須) ※【Ctrl】キーを押しながらクリックで複数選択可。
学科(卒業生必須)
その他の方:
最終在籍年(卒業生必須) (年3月卒業)
※現在のご連絡先情報について
郵便番号(必須)
住所(都道府県)(必須)
住所(市区町村)(必須)
住所(番地以下)(必須)
メールアドレス(必須)
電話番号(必須)
FAX:
備考
個人情報の取扱いに同意(必須) 同意します
※個人情報の取扱については個人情報保護方針をご確認ください。
  
 
  • 岩倉高校
  • グラウンド
  • 旧南館
  • 旧北館
  • 校舎 明治41年
  • 校舎 大正12年
  • 校舎 平成10年
  • 野球部優勝
  • 機関科
 
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

昔の写真やメッセージ投稿を募集しています!

こちらの情報投稿フォームから懐かしい昔の写真や、メッセージをお送りください。
同窓会ホームページへ掲載させて頂きます。

 

トピックス

岩倉かわらばん 第7号(通算63号) 2017/07/18
会員用: 岩倉かわらばん 第7号(通算63号)
岩倉かわらばん 第6号(通算62号) 2017/07/18
会員用: 岩倉かわらばん 第6号(通算62号)
岩倉高校120年史「新生・岩倉のあゆみ」ができました 2017/07/06
岩倉高校120年史「新生・岩倉のあゆみ」ができました
岩倉かわらばん 第5号(通算61号) 2017/06/19
会員用: 岩倉かわらばん 第5号(通算61号)
運輸科23・24学級 クラス会のご報告 2017/06/19
会員用: 運輸科23・24学級 クラス会のご報告
岩倉高等学校創立120周年記念祝賀会のご報告 2017/06/13
岩倉高等学校創立120周年記念祝賀会のご報告

≫ ゲストさんこんにちは。


IDとパスワードについて

新着情報

卒業生からのメッセージ

  • 岩倉高校120年史「新生・岩倉のあゆみ」ができました (大川芳男より[07/11])

    120周年記念誌の発行おめでとうございます。2017年から遡ること120年ですので1897年(明治30年)ということになります。長い歴史のある学校を卒業できたことを誇りに思います。これからなお一層のご発展をご祈念いたしますとともの、事務に携わっていただいております方に感謝申し上げます。

  • 【2014(平成26)年度】齋藤栄一先生 (酒井勇輔より[07/10])

    ご無沙汰しております、齋藤先生こんにちは。
    遅くなりましたが、齋藤先生長い間お疲れ様でした。
    2006年の自分が二年生の時担任をしていただきました。
    遠藤宏幸先輩のコメントの26歳と19歳の後輩の26歳の方です。
    自分がここまで来れたのも職場の素晴らしい先輩と出会えたのも齋藤先生のご指導のお陰だと思っております。
    ありがとうございました。
    どうぞこれからもお身体に気をつけてお元気にお過ごしください。
    またお会い出来るのを楽しみにしております。

  • 【山岳部OB会】山岳部OB会山行記録 (小方蔵人より[07/08])

    前略 2104年の写真に、その後の最新情報がいいね、の、75歳の元気男。たぶん130周年も生存中と思うので、開催前のご案内を期待する。
     放送大学も通い、政治もチャレンジし、人生いろいろ過ぎる自分人生は、起業と完全冤罪の戦いの人生中に、過去25歳で世界一周渡航が視点論点を変えた50年前。年を重ねると知識経験で人格が変化します。小中高校と社会科は最も不得意とする自分が、今最も歴史経済に傾注し、人生判断に重要。
     働いて、飲んで、食って、バライティーTV観て寝る人生の積み重ねと、問題をあえて抱える人生とは、終末人生に大きな差が出ますよ。「小方蔵人」ネット検索してみて。抱えた問題は、日本国家の恥部の部分。My HPで、真実披瀝に入っています。
     確実に皆様終末期に特養ホームのお世話に、その真実をした時、???!!!でしょう。広範囲の無知は罪悪。日本国家不成立の、超巨額汚職当事者が述べる。しかし、之が在って日本国家は繁栄したのだ。起因は田中角栄郵政大臣のとき。

  • 会員用: 運輸科23・24学級 クラス会のご報告 (大川 芳男より[06/20])

    掲載をしていただきありがとうございました。今回掲載していただきましたので同級生にも見ていただくよう連絡してみます。それではまた

  • 会員用: 同窓会新役員 (大川 芳男より[06/14])

    新しい役員の皆様に感謝いたします。OB会の発展にご尽力いただきますようお願いいたします。私は昭和43年運輸科を卒業したものです。今年2クラスあった同級生のクラス会を開催したいと願って古い住所録を見ながら検討しています。何か良い情報がありましたら教えてください。よろしくお願いします。