学校近況報告

岩倉高校での教育実習を終えて~専修大学 地歴 丸山和輝 さん~(2018年度卒年度普通科卒業)

①実習生 地歴 丸山先生より
3週間の教育実習、母校である岩倉高校の素晴らしさを感じられた期間でした。初日に門を潜った時には、生徒から元気の良い挨拶があり、最終日まで多くの生徒たちが元気よく話しかけてくれ、毎日元気をもらっていました。
また素晴らしい指導教諭、担当教官に恵まれ、上手くクラスに馴染めたのかなと感じています。授業を担当する2年生のクラスでは、一生懸命に話を聞いてくれる姿、積極的に発言しようと手を上げてくれる姿が印象的でした。実習中には岩倉高校の生徒が上野駅で人助けをしてくれたという感謝の電話があり、改めて素晴らしい学校であると思いました。
母校である岩倉高校の誇りを持って社会に出た際にも、生徒たちのように一生懸命に精進して行きたいと思います。
 
②指導教諭 石川先生より
3週間生徒の立場で学校生活や進路等の教育を行っていただきました。
ホームルームのクラスでは常に朝明るく生徒に接し、生徒ともコミュニケーションをとってくれました。日々を大切にするということも生徒に伝えてくださり、日々生徒が充実して過ごしていく姿がみられました。もちろん実習序盤には、生徒との関係性で悩んでいる様子でしたが積極的に関わっていく中で、一人一人理解していき有意な方向に導いていただきました。生徒も年齢も近い先生ということもあり、親しみやすく日々を楽しんでいる様子でした。
授業においては、日々苦心しながら授業を作成し授業内容のわかりやすさや興味を常に考えながら実習にあたってくださりました。教育実習の経験を活かし、大学卒業後一層活躍されることを祈っております。



岩倉高校での教育実習を終えて~立正大学 公民 2018年度卒 田中歩幸 さん~(2018年度卒年度普通科卒業)

①実習生 公民 2018年度卒 田中先生より
はじめに、お忙しい中、教育実習生として受け入れていただき、ありがとうございました。
実習が始まるまで不安でいっぱいでしたが、すごくあっという間な3週間でした。
授業をする上で、生徒と対話をすることや発問の大切さに気付くことができました。
HRクラスでは、明るい雰囲気の生徒たちに毎日元気をもらいました。
本当にありがとうございました。
 
②指導教諭 豊田先生より
本校OGの田中先生には、高校生の時には気付かなかった、もしくは分からなかったことが沢山見えたのではないでしょうか。我々は生徒には見えないところで様々な業務を行っています。また、1時間の授業を実施するのにも多くの時間を教材研究や資料作りなどに費やしています。自分がその立場になって初めて分かることがある。本当に貴重な経験をされたと同時に当時の先生方に対して、より感謝の気持ちが強くなったのではないでしょうか。
この3週間の経験を活かして、これからの人生をより充実した豊かなものにしてください。
そして、母校”岩倉高等学校”をこれからもよろしくお願いします。
頑張れ!田中先生!
 
②指導教諭 松本先生より
田中先生の笑顔や優しい対応はクラスの生徒を和ませてくれました。
授業を受け持たないクラスでしたので、生徒との距離をどうやって縮めていくのかが課題でしたが、最後までクラスの生徒に寄り添ってくれました。
毎朝のスピーチはネタ探しから始まってどうやって伝えていくのかで苦戦することもありましたね。それでもあきらめずにきちんと伝えようとする姿勢は大変立派でした。
田中先生と過ごした3週間は後輩である生徒たちにとっても学ぶことが多かったと思います。生徒にとっては卒業生の背中を見る機会があること自体が貴重です。頼もしさや親近感だけでなく、苦労や考えている姿から感じることも多かったのではないでしょうか。そして私たち教員も田中先生との対話を通じて気付きがたくさんありました。
教育実習の経験を活かしながら、一層成長されることを願っております。



岩倉高校での教育実習を終えて~日本大学 平塚玄空 さん~(2015年度普通科卒業)

①実習生 保健体育 平塚先生より
まずは、ご多忙の中私たち実習生を受け入れていただき誠にありがとうございました。
岩倉高等学校を卒業して、7年が経ち、私が在籍していた頃の学校の雰囲気と大きく変わった箇所が幾つもありましたが、先生方の優しさ、明るい生徒の雰囲気は変わらず、とても懐かしく感じました。
 私は、岩倉高等学校を卒業後も陸上競技部の指導に携わり、日常的に生徒に指導を行う習慣はありました。しかし、部活動指導と学校の教員としての指導の相違点や困難、また、学校運営における業務など教員の仕事に関われたことで、自身の考え方を見直し、私がどのような教員になりたいかを考え直す機会になりました。特に、教員として仕事を行う上での私の課題は、多様な状況に応じて対応する能力が不足していると実感しました。これまでの生活では、計画通りに物事を実行することを最優先に行なってまいりましたが、学校運営や教科指導では計画を立てていても、計画通りに実行できないことが多く、動揺してしまうことがありました。そこで、来年の4月に教員として働くまでの残りの期間、しっかりと保健体育科の指導を行えるように勉学に励み、私自身の知識を蓄えるとともに、多様な状況を想定して対処できるように準備を立てることで対策してまいります。
 今回の教育実習では、私の課題の他に生徒との関わり合いの中で生徒が求める授業や親しみを感じる先生像など、実際に現場で仕事を行わなくては発見できない内容を多く学ぶことができました。生徒と関わる際のコミニケーションに関しては、これまで部活動指導で培った経験と知識を活かして生徒から親しみを持ってもらうことができたと感じ、私自身のこれまでの経験を現場で活かすことができたと同時に、より生徒との関わる際にできることがあったのではないかという課題も残り、充実した3週間の教育実習となったと感じました。
最後に、実習期間中にご指導いただきました先生方、そして授業を受けてくれた生徒には本当に感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました。

②指導教諭 鬼頭先生より
高校を卒業し、大学4年間そして科目等履修生の3年間を経て教育実習で戻って来てくれました。在学中と変わらず真面目な性格、しっかりとした好青年へと成長されていました。
3年生スポーツ選択クラスのHR、ハンドボールの授業、2年生の保健の授業を担当しました。
丁寧な説明や優しく生徒へ接する姿がとても印象的でした。LHRや部活動指導は、自身の経験を踏まえて話をし、高い競技力に裏付けられたコーチングで生徒の学びを深めてくれました。
来年4月から教育現場で活躍する姿を期待して、今後も応援していきたいと思います。



岩倉高校での教育実習を終えて~日本女子体育大学 鈴木百香 さん~(2018年度普通科卒業)

①実習生 保健体育 鈴木先生より
不安と心配で臨んだ教育実習であったが、終わった後に感じた達成感や充実感は今までにないものでした。
また、教師という仕事の多忙さを肌で感じる3週間でした。
3週間、迷惑かけっぱなしだったけど野村先生に恩を返せるように、ここで得た課題や学んだ事は次に活かしていきます。

②指導教諭 野村先生より
「不安の中で始まった教育実習、思い通りに行かない授業だったと思います。しかし事前準備と毎日の反省を活かし、そして教育実習生の4名で協力しながら乗り越えられて3週間だったと思います。これからも人との関わりを大切にして頑張ってください。」


岩倉高校での教育実習を終えて~星槎大学 本郷樹 さん~(2018年度普通科卒業)

①実習生 保健体育 本郷先生より
私の教育実習は本当に毎日が学ぶことだらけで、あっという間の3週間でした。最初は緊張していて、思うような授業が出来ず生徒に対して不安な思いを与えてしまいました。しかし、指導教官や生徒達に恵まれており、その環境の中で学ばせて頂いたことに感謝するばかりでした。
今回の実習を通しての 1 番の発見は、発問の大切さです。発問でいかに生徒の心を掴めるのかを 3 週間を通して常に試行錯誤しました。発問をしなければ言葉のキャッチボールも出来ずに一方的な授業にしかなりません。いかに生徒に身近な発問で楽しめるかが大事でした。3週間ありがとうございました。
 
②指導教諭 水田先生より
専門学校に通いながら通信制の大学で教職の免許を取得しようと、忙しい日々を送っている中での実習でした。
緊張もあり最初は表情も硬かったですが日を追うごとに生徒との距離感を縮めている様子が印象的でした。
2年D組のHR、2・3年生の体育実技、2年生の保健を担当しました。授業では丁寧に指導しながらも雰囲気を盛り上げようと大きな声で取り組んでいました。
卒業後は介護施設で社会人経験を積み、その後教員を目指すと言っておりました。
実習を通して教員になりたい気持ちが強くなったと言っておりましたので、今後の活躍が楽しみです。




岩倉高校での教育実習を終えて~帝京科学大学 鈴村亜矢瀬 さん~(2018年度普通科卒業)

①実習生 保健体育 鈴村先生より
母校での教育実習を終えて、私自身岩倉高校での3年間が、教員を目指したいと思うきっかけになった3年間でした。そのような素晴らしい高校生活を送らせていただいた場所で、教育現場に立たせていただき、多くのことを学ぶことができました。私自身、来年度から高校の教員として働かせていただくのでこの教育実習を通して学んだことを活かし、私も生徒に何か夢や目標を与えられる教員を目指したいと思いました。
 
②指導教諭 木戸先生より
1HのHR、1、2年生の柔道、体育、保健、スポーツ(柔道)を担当しました。
常に楽しく元気に授業に取り組まれ、笑顔が絶えませんでした。
授業後、放課後には生徒が自然と集まり鈴村先生に話しかけているのが印象的でした。
鈴村先生には人を惹きつける魅力があるのだと関心致しました。
来年4月からは教育者として働かれるとのことです。
自身の長所を活かして頑張っていただきたいと思います。



岩倉高校での教育実習を終えて~中央大学 山﨑もも さん~(2018年度普通科卒業)

①実習生 山﨑先生より
はじめに、教育実習生として受入れて頂きありがとうございました。実習中の3週間はとても充実した毎日を過ごすことができ、あっという間に最終日を迎えました。
現在の岩倉高校では、HRや授業に留まらず様々な場面でICTを活用しており、自分が在籍していた頃との違いに驚きました。しかし積極的にICT機器を活用することで、学校におけるICT活用の利点や課題点など多くのことを学ぶことができました。
授業では複数のクラスを担当させて頂き、クラスの特性に合わせた指導方法の違いや難しさを実感しました。また、実習中は指導教諭の先生方に留まらず多くの先生方に協力して頂き、様々な経験をさせて頂くことができ、改めて岩倉高校の先生方の優しさを感じました。
この実習を通して学んだ事を、教員として勤務する際に活かすことができる様に頑張りたいと思います。改めて、3週間ありがとうございました。
 
②指導教諭 友知先生より
環境の適応能力が高く、iPadと黒板を上手に使って授業する姿は安定しており、心配することが何もありませんでした。そのことから、授業準備をしっかりしていることが伝わりました。生徒一人ひとりと向き合い、どう教えるのが良いのかと指導教科書などを睨めっこ、その後はイメージトレーニングする姿は素晴らしかったです。
よく頑張りました!3週間お疲れ様でした!
 
指導教諭 髙橋先生より
高校生の頃から数学科の教員になりたいと言ってくれていた山﨑先生が教育実習生として帰ってきてくれたこと、非常に嬉しく思います。授業では、生徒とのコミュニケーションをよくとっていて、生徒たちが楽しそうにしていた様子が印象に残っています。今回の実習の経験を活かして、素敵な先生になってください。
 
指導教諭 中山先生より
3週間本当にお疲れ様でした。2年C組の生徒とHRや清掃、放課後の時間を利用して率先しコミュニケーションを取り、生徒との信頼関係も築けておりました。学級懇談会においてもご自分の受験経験をお話しいただきましたが事前準備も入念にしていただき、保護者様にとっても有意義な時間になったのではないかと思います。教育実習での山﨑先生のご経験は今後の支えになるものと思います。

岩倉高校での教育実習を終えて~日本大学 小村哲矢 さん~(2018年度普通科卒業)

①実習生 小村先生
3週間の教育実習は長いようであっという間の期間でした。教育実習に行く前は正直なところ、楽しみよりも不安な気持ちの方が大きかったと思います。元々、人前で話すのが苦手だった自分にとって教育実習は挑戦でした。
実習が始まると最初の1週間半はうまくいかないことばかりで、最初の授業を行った際には、声が小さくて後ろまで声が届いていなかったり、自分の説明に自信がないように話をしてしまっていました。授業の振り返りをした際、説明に自信がないのは教材研究が足りていないことと場数が足りていないことを指導教員の先生に教えてもらったので時間があるときは教材研究に取り組みようにしていました。また、生徒との関わりを残り1週間半は積極的に行っていくように改善していきました。その結果、残り1週間半は少しずつ授業がうまくいくようになってきて、授業中の生徒とのやりとりも増えていきました。だんだんと授業をするのが楽しいと思えるようになりました。最後の集大成である研究授業では生徒が授業を協力してくれたおかげで今までで1番いい授業をすることができたと思います。
協力をしてくださった先生と生徒たちのおかげで最後は最高な形で教育実習を終えることができました。この経験は今後の自分にとって大きな自信につながっていくものだと思うので本当にいい経験をさせていただきました。最後になりますが、この3週間、協力して下さった先生方、本当にありがとうございました。
 
②指導教諭 菅野先生
「準備の大切さ」を感じる実習だったと思います。上手くいかないときもありましたが、毎日授業準備に取り組む姿がありました。研究授業では、生徒たちが積極的に質問をするなど、いい授業になるよう協力してくれていました。それは、日頃から小村先生が生徒と誠実に向き合い、一生懸命な姿を生徒たちが見ていたからだと思います。
3週間お疲れ様でした。今後の小村先生の活躍を期待しています。

岩倉高校での教育実習を終えて~東洋大学 加藤菜々恵 さん~(2017年度普通科卒業)

①実習生 加藤先生
まずは、ご多忙の中私たち実習生を受け入れていただき誠にありがとうございました。
在校生から教える立場の両方を経験して、学生時代に知ることができなかった先生の大変さを目の当たりにしました。授業準備にしても、プリントの作成から印刷まで多くのプロセスを経ており、生徒のために多くの時間を費やしていると実感しました。また、発言の一つにしてもその裏には明確な目的があり、簡単そうにしている指示にも先生の想いがこんなにも詰め込まれているのかと驚きました。私は最後まで明確な目的を持って指示することができませんでしたが、今後の人生において人と接する際に意識しようと思うきっかけになりました。
3週間の中で指導力や知識が格段に向上することを目的としていませんでしたし、そんなことは不可能だと考えていました。しかし、自分の発言で良くも悪くも誰かに影響を与えるということの責任を背負う職業のやりがいと大変さを実感することができました。実習を終えて、何名かの先生から「自分も頑張らなきゃと思った」と仰っていただきました。教職を目指す生徒からも大学の話について質問を頂き、まだまだ未熟な私ですが、誰かに影響を与えることができたと感じています。
人と人との繋がりが勇気となり、やりがいに繋がる教員という職業は本当に素敵だと心から感じています。特に研究授業の前後では、生徒から「頑張ってください」「授業お疲れ様でした」と声をかけて頂き、本当に励みになりました。
最後に、実習期間中にご指導いただきました先生方、そして授業を受けてくれた生徒には本当に感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました。
 
②指導教諭 曽根先生より
喜怒哀楽をたくさん感じた実習期間だったと思います。そんな中、持ち前の実直さでしっかり準備をし、乗り越えてくれた姿は高校生の時から見ている私としては感動的でした。自分らしさを大切に、人を見ることを忘れずに、突き進んでください。これからの加藤先生が楽しみです。お疲れさま、ありがとう。
 
指導教諭 須賀先生より
初めてHRに来た時は緊張で声が出ず少し頼りない雰囲気でしたが、徐々に教員としての学校生活に慣れ、胸を張って前で話すことができていました。たくさんの情報をどうすれば生徒に伝わるのか試行錯誤した日々だったと思います。この経験はどのような状況でも役に立つはずです。授業外でも積極的に生徒と関わり、人と向き合うことに真摯だった加藤先生ならば、どこに行っても活躍できると確信しています。今後の益々のご活躍を祈念いたします。

岩倉高校での教育実習を終えて~横浜薬科大学 庄子頑鋼 さん~(2018年度普通科卒業)

①実習生 庄子先生
約三週にわたる教育実習を受け入れて下さり、各教職員の皆様方に心からの感謝を申し上げます。
教育実習を通し、「高校教諭」の酸いも甘いも経験することができました。教育実習当初は、右も左もわからず萎縮してしまうことが多々あり、「傍観者」としての視点が強くありました。
他にも母校ということもあり、どこか懐かしや変化に目移りすることが多くありました。
SHRをさせていただくことになり、「教諭」らしい立場に引き戻され、再度自分の立場が確認することができました。見学をさせていただいた際には、各教科担当の先生方の個性や生徒への対応等学ぶことが多い点や自身との差を痛感する毎日でした。
また、私が担当する授業の際では内容のアウトプットが思う様にできず、焦る場面もありましたが、生徒等もディスカッションや質問をして諦めず熱心に学ぶ姿勢に救われました。自分の話に反応してくれることや挨拶等の些細なコミニュケーションがとれた際もこの職種のやり甲斐を感じました。教育実習が始まってから二・三週間後には生徒自身や各担当の先生方のおかげもあり、当初の萎縮は減り、「教諭」としての自覚や進路に対する覚悟を固めることができました。
 引っ込み思案な性格で、注目を浴びることが苦手ではありますが、3週間を終えて自分の変化や生徒・教諭への理解が深まり、私にとって有意義な時間を送ることができました。お忙しい中、約三週間お時間を割いて頂き誠に有難うございました。
 
 
②指導教諭 鈴木先生
教員になりたいという強い想いを胸に教育実習に挑んだ庄子先生。慣れないことや戸惑いも多く、思ったようにいかないこともたくさんあったと思いますが、最後まで挫けず挑戦し続ける姿勢は素晴らしかったです。テクニックや経験値はなくとも、その真っ直ぐな気持ちはきっと生徒たちにも伝わったと思います。3週間お疲れ様でした。