支部便り

来年は宮崎支部 待っとりまーす。

支部長  興梠 重徳 (9期)

宮崎支部は、平成21年度の総会を平成21年7月18日(土)に宮崎市のエアラインホテル 「中華料理 SHISEN」で行いました。熊本の同窓会本部から藤高浩理事(12期)にご出席いただきました。ありがとうございました。
支部からの参加は、7名と少人数でしたが、今回新たに2名の新規参入があり大変ありがたく又心強く思っております。吉田成哉さん(17期)と吉田竜一さん(20期)です。
当日は、朝から交流レクレーションゴルフをささやかに執り行いました。熊本から中川博喜さん(9期)に参加していただきましたが、夜の総会は軽い日射病にかかり残念ながら欠席となりました。

来年は、創立50周年を目前にした、平成22年度の全国熊本マリスト学園同窓会宮崎大会を当地で開催する予定であります。今回は事務局長の岩下泰司(1期)より開催日程等の提案があり、大枠の役割分担等を論議いたしました。支部の要望としては、平成22年10月後半を希望するという事で、藤高理事に本部へのつなぎをお願いしました。
当支部が少人数の支部であることから、隣接する鹿児島の同窓会員にもお声がけをさせていただき、協力を願えないかという意見も出ております。協力していただける会員の皆様、よろしくお願いいたします。今後の南九州同士の交流促進に繋がればと思います。

また、来年秋の大会では、出席者の皆様にはさわやかな秋空のもと、それぞれのオプショナルツアーを十分楽しんでいただけると思っております。
それでは、来年の同窓会宮崎大会へのご参加、 東国原宮崎県知事ともども、熊本マリスト学園「どげんかせんといかん」と準備万端お待ち申し上げております。 “てぇげてぇげ”文化、日本の心のふるさと、宮崎で待っとりまーす。

北九州支部だより

事務局長  小長光 証 (11期)

北九州支部の愉快な面々による1年間をご紹介いたします。
2008年10月12日、同窓会総会(東京大会)に、溝口副会長(10期)と小長光事務局長(11期)が参加しました。東京の会場に女の子の多いのには、びっくりいたしました。それに源島校長の声の大きなこと。マイクなしで会場中に響きわたり、これからのマリストに大いに期待ができた素晴らしい総会でした。総会後は、10期、11期が10名ほどで恵比寿の、鬼丸先輩(10期)の店「まるや」で深夜まで飲み明かしました。お疲れ様でした。

2009年6月27日北九州支部総会が「若松かんぽの宿」において開催されました。本部からの来賓の上妻史彦理事(35期)をお迎えし、かんぽの宿の社長さんの吉田光慶君(22期)のご厚意で、送迎温泉付き、酒付き、料理付と至れり尽くせりのおもてなしに感謝し、温泉で汗を流して、総会を始めることにしました。
今回は参加20名と、年々少なくなっていきますが世話人一同、来期に向け気を引き締めてがんばうろと、総会を終了。稲生会長(3期)の乾杯の後、うまい魚料理に美味しい酒で勢いがついたところで、支部恒例の還暦儀式。今年は、山内範行先輩(4期)の還暦に岩本朗先輩(5期)も同時に行い、なかなかのお似合いの青年?でした。支部還暦祝いの赤いちゃんちゃんこに毎年還暦の先輩のご署名をいただいており、書き続けていきたいと思っております。

大いに飲み、大いに語り合ってかんぽの宿を後に小倉まで送迎して頂きいつもように、 いい臭いのする小倉の街へとみんな消えていきました。
上の写真は、2008年11月24日に支部世話人の山内君(13期)が、プロデュースした飲食店がオープンし、それにかこつけて忘年会を開催した時の2次会での参加者御一行様です。
この会には、下河邉先輩(1期)も参加して頂き久しぶりに下河邉一家集合となりました。

右から2番目が下河邉先輩です。下河邉先輩から順に小長光娘、溝口副会長(10期)、稲生会長(3期)、徳永会計(26期)、福江副会長(12期)、松村君(23期)、吉田君(22期)、梅崎君(19期)です。飲んでばかりの2008年でした。ノミニケーションこそ、大切です。皆さん大いに参加してください。

奄美支部だより

事務局  伊集院 道誠 (22期)

奄美支部の新たな歴史の1ページでしょうか、当支部の長老である東 幹人先輩(5期)がめでたく還暦を迎えることとなりました。支部会員初の還暦ということもあり、ささやかながらも祝いの宴を設けることになりました。

昔は大島紬のパンフレットのモデルにもなったほどで、本人としても「まだまだ若いぞ!」ということらしく、今回は赤いちゃんちゃんこはパスして、いつも通りに、焼酎を酌み交わしながらのにぎやかなお祝いとなりました。

さて、今年の奄美の夏は、皆さんテレビ等でご存知の“今世紀最大の天体ショー”皆既日食で盛り上がりました。 関連イベントも多数あり、街中人だらけ、奄美大島だけで1万5千人もの来島者があったとか。有名芸能人も多数来ていたようです。 (あの人も…)
当日はあいにくの曇り空で“ダイヤモンドリング”は見ることはできませんでしたが、しかし、短いながらも神秘的な時間を味わうことはできたと思います。

次回国内での皆既日食は26年後だそうです。皆さん、その時までがんばりましょう!

沖縄支部便り

事務局  米須 義明 (20期)

沖縄支部では1月10日土曜日、那覇市において新年総会、懇親会を行いました。本部より永田会長、井上副会長、ビッグゲストに源島校長先生がお越しになり、大変盛り上がった大懇親会となりました。

源島校長先生からマリスト学園の現況や、永田会長より同窓会の様子などが語られ例年以上に盛り上がりました。沖縄からもまた以前のように沢山の子弟がマリスト学園に入学する日も遠くはないのかもしれません。

また6月28日、日曜日には北谷町アラハビーチに於いて、家族ビーチパーティーを行いました。今回は17期生の同窓会が沖縄で行われ、多くの皆さんが全国から参加いたしました。70名を超える参加者でしたが、久しぶりに変わり果てた級友、先輩方に出会えるのも、このマリスト同窓会ならではだと思います。

全国の支部、本部同様、高齢化が進む沖縄支部同窓会ですが、アンチエイジングで内間支部長を筆頭に活発な活動を今後も続けていきたいと思います。

東京支部便り

連絡員 内田 智久(18期)

今回の東京支部便りは、昨年の東京同窓会総会についてご報告いたします。
平成20年10月12日、東京市谷アルカディア私学会館周辺は気温28度、日差しも強く、当然半そでで充分な陽気。代議委員会、全国総会も問題なく終わり、いざ待ちに待った懇親会へ。同窓会長の開会宣言の後、乾杯 !(29期光永さんご苦労様でした!)、ご来賓のお言葉を頂戴し、しばらくの間お食事ご歓談の後…ジャジャ~ン !♪アトラクションスタート !宮崎律(39期)さん率いるレゲエ・ユニット「TESTA DI FAMIRIA」の軽快な歌声で一気にライブ会場へ変貌。ボルテージは最高潮!ノリノリで数曲を楽しまさせていただきました。

参加者の目はサイドスクリーンへ釘づけに…アカデミー賞受賞「おくりびと」の脚本家、小山薫堂(20期)さんの番組「¥トシガイ」の一部を映写。小山さんのトークで始まり、内容は「自分の原点は高校時代にあり、平田明と言う同級生がいたから今がある。」恩返しをしたいからと最高のスタジオ最高のスタッフで再レコーディングをセッティング。「心でつながっていよう…♪」のレコーディング場面でスクリーン映写は終了。正面ステージにスポットが入り、そこに20期平田明さんが…もちろん「心でつながっていよう」を熱唱!前の方の席に座られてた方の中には、目頭を押さえておられる方がチラホラと…後ほどお話をお聞きすると「今テレビに出とる人が歌ってる!しかも自分の後輩が!と思うと感動して涙が出たッタイ!」とのコメントでした。
「自分の原点は高校時代にある」そう胸を張って言える同窓会仲間でいたいと切に感じた同窓会でした。1期~46期 気が付けば151名が集った楽しい会が終了いたしました。

また数年後、東京支部の総会で会えるまで
皆さんお元気で心でつながっていよう

東京マリストクラブ会長 宅島 慎一(1期)
東京支部連絡員‥谷田部親英、 内田 智久
         tandy09014008006★docomo.ne.jp(★を@に変更してください)
宮崎 律(39期)「TESTA D I FAM I R I A」
         http : www.testa-di-familia.com
平 田  明 (20期) http://hokorasya.jp
    (ライブ情報が満載要チェックです)

天草支部だより

支部長  佐々木 洋助 (4期)

平成20年11月29日(土)に天草支部の総会・懇親会を開催しました。総会では天草支部会則に則り、副支部長2名〔長井薫氏(5期)、木山茂氏(14期)〕事務局長1名〔木場貴俊氏 (20期)〕他、天草管内を5地区に分け、各地域幹事等の役員を決定しました。懇親会には学園から源島真一郎校長と本部から石村晃一理事(15期)がお出になりました。厳しい社会情勢ではありますが、学校長の力強いご挨拶に、今後のマリストを更に活気づかせていただけると確信しました。その後は自己紹介での楽しい話題や、学校のこと、天草のこと等話が尽きず、大いに盛り上がりました。

また、平成21年4月13日(月)には天草市(旧本渡市)出身である小山薫堂氏(20期)の脚本映画「おくりびと」が、見事にアカデミー賞を受賞したことを記念し、天草市挙げての祝賀会が開催されました。私も発起人の一人となり、支部の会員も20数名が駆けつけて祝福しました。花束贈呈は同級生の木場貴俊氏が担当し、温かい祝福の言葉を添えて手渡しました。
小山薫堂氏の挨拶では、「おくりびと」の映画はもちろん、自分の考えの基に、この天草で過ごした生活体験が残っているとのことでした。今後の活躍を大いに期待したいと思います。

平成21年5月9日(土)天草地区マリスト会総会があり、前田知洋氏(30期)が会長代理で参加しました。