同窓生の広場

昭和46年高校卒業生 学年会延期のお知らせ

2020年04月06日(月)

同窓会誌「この花」p13に掲載しました、2020年6月6日(土)の学年会を、新型コロナウイルス感染の影響を考慮し、残念ながら延期させていただきます。
日程が決まりましたら、このホームページ上でお知らせいたします。
よろしくお願いいたします。
幹事:小川景子 小川加代子 深田和子


 

昭和51年高校卒3年F組クラス会ご報告

2019年12月13日(金)
  • 開催日時:2019年10月14日
  • 開催場所:がんこ池田石橋苑

2019年(令和元年)10月14日に木村定先生と生徒11人でがんこ池田石橋苑で開催しました。
台風19号の影響の不安もありましたが、幸い予定通り行うことができました。
今年も定先生の元気なお姿を拝見できて、62才の年を迎えた私たち生徒は高校時代に戻って、楽しい時間を過ごすことができました。
幹事 寺下朱実

昭和33年度 高校卒 傘寿の祝同期会(A,B,C,D組)

2019年12月10日(火)
懐かしい62年前、同じ校舎で学び、遊び、成長させて頂いた学園から巣立った私達、信じられない年月が流れました。
人生の喜び、荒波?を越え、令和元年、傘寿を迎えました。
10月25日、六甲山を背に芦屋の「ベリーニ」に18名の友が集い、足痛い、腰痛い、物忘れが多い、あの、その・・・でも心は元気な学生のまゝ、笑い、語り合い、楽しい一時を過ごしました。
これからも明るく、のんびりと、笑顔で感謝の日々を過ごし、再会を楽しみに会を終えました。
係 各務、藤本、古谷(旧姓 井上、尾形、植田)

昭和36年高校同期会

2019年11月26日(火)
 2019(令和元)年7月10日喜寿の同期会を恩師木村定先生、湯浅先生と20名で宝塚ワシントンホテル「島屋」にて開催しました。皆が学生時代に戻り昔ばなしに花が咲き楽しいひとときを過ごしました。
 会半ばで世話役も体力の限界の旨をお話しし、出席者の了承を得、今回を最後に卒業の運びとなりました。卒業にあたり湯浅先生ご指導のもと“仰げば尊し”と“校歌”を合唱し「今後はラフなランチ会をしましょう」と約束し閉会しました。
 約束のラフなランチ会の初回は、11月7日10名出席で新阪急ホテルオリンピアで行いました。 
 次回が決まりましたら同窓会ホームページにてお知らせします。
 お世話になりました皆々様に心から感謝申し上げます。有り難うございました。
 尚、当会の残金は同窓会本部に寄付させて頂きました。
 
世話役  北出琴美(田中)
  山田満寿子
  藤田政江(長谷川)
 

平成元年卒業高校英語科同窓会

2019年09月10日(火)
「平成元年卒業高校英語科同窓会」を7月28日、梅田にて開催し、16名の参加でした。
有福先生はご都合で来られませんでしたが、ラインで元気なお姿送って下さいました。
グループラインやってます。現在21名。
お葉書で案内したように、よかったら、未参加の方お待ちしています。
幹事:西〔丹羽〕よしの、文月あや、藤原〔川端〕里香
 

61年振りの再会

2019年07月18日(木)

 私が短大英文科3年生の時に一年生だった3人の後輩から「今阪急電車の中」と突然電話がかかって来ました。 同窓会館で会える様、事務の方に「今から後輩三人が行くから保護して」と電話をしてすぐ会館に出かけました。偶然来られていた川端新会長も心よく迎えて下さり、お互いに手を取り喜びの再会が出来ました。
 当日は高校の体育祭の開催日で、会長の案内で吉田校長先生も紹介して頂きました。梅花に学べたから出逢いがあり温かい同窓生のお迎えを頂き、彼女達は学舎の様変わりと発展に61年前の想い出を胸に、来年は大学を案内する約束をして 山口県・岡山県・埼玉県へと家路に着かれました。
昭33年短英3年制卒 三浦佐代子  

 卒業以来の母校、素晴らしく立派だった。
初対面の会長様自らのご案内に恐縮。澤山保羅先生の胸像に感激。
三浦姉には、突然の連絡でしたのにお世話に感謝。
昭34短英 蜂谷(埼玉)綱沢(岡山)熊谷(山口)

 
 

昭和45年中学卒 中学部同窓会のご報告

2018年06月07日(木)
私たち「いにしえの梅花ガール」(S45中学卒)17名は、5月18日ホテル竹園芦屋にて、中学部同窓会を開催しました。

蒲田(山本)祥子先生の乾杯で和やかに会はスタート。美味しいお料理はオードブルから始まりデザートまで全員が完食。食事中は、一人ひとりの近況報告の後、欠席者の葉書も紹介してそれぞれの「今」を分かち合いました。食事後は、先生VS私たちでの「じゃんけんゲーム」で盛り上がり、また、皆さんの総意で「BGS1970」と会の名前も決まりました。
最後は校歌を合唱し、次回は3年後に「祥子先生の喜寿のお祝い」で再会することをみんなで約束しました。

これからもさらに友情の絆を紡ぎ「BGS1970」の輪を広げて行きたいと思います。
今回、参加出来なかった同級生の皆様、是非次回はご参加ください。
 
同窓会幹事: 田口(赤坂)知子、小野田(玉田)育子、奥田よし枝、島崎(古谷)

支えあればこその・・・今

2018年04月13日(金)
 主人と海外出張中に東日本大震災が起こり、子供と会えたのは3日後。自宅と主人の両親が経営する工場が津波で流され、8、5、1歳の子供との避難所生活は会社再建に奔走する主人達の負担になると思い、震災から7日後に実家のある大阪へ。実家から2時間離れた市営住宅にて母子4人で生活を送りました。
 翌2012年に宮城に戻った後4人目を授かり、一昨年幼稚園に入園したのを機に私も家業を手伝うようになり、今に至ります。
 震災から丸7年。復興が進む中未だ仮設住まいや県外避難が続く人も多く、私自身も当時の複雑な思いが今も時々頭をよぎることがありますが、生かされた命と震災以降お世話になった方々に感謝しつつ、家族皆各々の目標に向かつて日々頑張っております。
 また卒業アルバムも流され、厚かましくも同窓会にご相談させていただいたのがご縁で、今回寄稿させていただくことになりました。改めて厚く御礼申し上げます。
浜口有記  H8年短国卒

アメリカ フロリダより

2018年04月13日(金)
 2017年6月16日、古希の同窓会では久し振りに旧友と会うことが出来、楽しいひと時を過ごし、すぐに学生時代に戻れ、感激しました。
 日本を離れて49年、私の願望は70歳の誕生日を日本でお祝いしたい、同窓生の皆様にお会いしたい、私の家族に日本を見て欲しい、そして家族全員で着物を着て写真を撮りたいと思い続けておりました。お友達のご好意で豊中の杉本写真場で写真を撮っていただきました。
 私の家族は息子を除いては、日本を見たことがありません。私の息子の嫁、そして嫁の母親、嫁の姉家族はプエルトリコ人で着物も初めてで良い経験をしたと言っております。2週間の旅行は(東京、大阪、京都、広島、富士山)忘れることが出来ない、素晴らしい思い出が出来たと喜んでおります。皆様に神様の愛と祝福が有りますように。
宏子・サンフォード
S41年高卒

懐かしいバレエ同好会

2018年04月13日(金)
 皆様お元気にお過ごしでしょうか。
今、古いアルバムを見ていますと、60年前の記憶が鮮明に建ってきます。それは中学生の頃のバレエ同好会の日々でした。1956年に波岡先生が発起人となられ「バレエ同好会」が発足しました。
 初めての学園祭は、あの頃一番大きかった産経ホールでした。中学生の時は宝塚歌劇団・振り付けの渡辺先生ご指導で「王様と私」高校生では「くるみ割り人形」を発表しました。夏休みにはアピールキャラバン隊として岡山方面の会館や小学校にも行きました。高校卒業後はバレエ団に入団、結婚、子育てを終えた後、またフラメンコを始め、長い年月舞踊を続けてきましたが、13年前に踊る事を卒業しました。今は一日一日を大切に、幸せに思える日々を重ねています。1月18日の創立140周年記念式典に出席させて頂き、多くの方々とお逢いし、和やかなひとときを過ごさせて頂きました。
中西節子 S35年高卒