会員の広場

MYK体操

2017年06月30日(金)

保永 美幸(昭和38年高・昭和40年短英卒)

 准高齢者の皆様いかがおすごしでいらっしゃいますか?梅花を卒業して2分の1世紀が経ち、なんと80才に向かっての毎日ではありませんか!私は今、体操教室の代表をしています。「えっ!!体操??」と同級生の皆様に驚かれるかも知れません。
 たまたま夫の転勤先の鹿児島で、私に程良い体操に出会いました。しばらくして、転勤で成田に帰ったところ、目の前の公民館で同じ体操をしているではありませんか!まさかの縁で入会し、指導者にもなり、その後20数年間この体操を続けました。
 指導者になって10年目、50才の誕生日の頃、腰の椎間板ヘルニアになり3か月休養しました。節目の年でもあり色々来し方、行く末を考えました。この先20年老け込まず、自立して活き活きと過ごしたい。それには何か出来ること、特技はないか?と思い巡らせたところ、長年続けてきた体操しか他に何も無い!と気づきました。ではこの体操をライフワークにして行こう!腰痛も和らぎ始め積極的な気持ちで関わっていくと、体操会員も増え忙しくなりました。それから10年程する内に、少しずつ独自の活動を考えるようになり、今までの会を離れることにしました。
 1か月で新しい体操、音楽を沢山の協力者と作りました。体操指導が許される健康運動指導士の資格も60才を過ぎて取りました。頑張りました。新品のシャープペンの芯が全部無くなる、3色のマーカーが枯れて買い足す、枕カバーに抜けた髪がびっちり張り付いていたのには驚きました。
 そんな勢いで平成20年に<未来のあなたは輝いて>の「MYK体操」として新しく出発しました。
 MYK体操の特徴は、私の腰痛にも効果のあった「操体法」を取り入れていることです。仙台の医師が創案の身体矯正法です。操体法と筋肉運動の相乗効果で、昨年の会員のアンケートでは「膝、腰、肩痛等が70~95%改善された」との結果でした。たまたま出来事の積み重ねで今この様な活動に携われ、つねに感謝しています。現在4名の指導者と210名の会員がいます。5人に一人は90才の時代になるそうです。大切な自分を楽しみ輝かせる何かをしていますか?MYK体操がお手伝いできれば、と思っています。
 千葉、茨城、大阪豊中、岡山で活動中です。