トップページ > 同窓会長あいさつ

同窓会長あいさつ

2019/05/10

ごあいさつ

大岩 勇次
 新緑の候、東商同窓生の皆様には、ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。
平素は同窓会の運営に格別のご支援、ご協力を賜り厚くお礼を申し上げます。
 さて、この一年は、原前会長から引き継いだ東商同窓会の良き伝統を受け継ぎ、併せて時代の変化に即応した活動に見直すべく努めて参りました。 短期間で目覚ましい成果が出せるとは思っていませんが、執行部に若いメンバーが3名加わっていただいたこともあって、執行部全体に活気が溢れてきたと思っています。昨年は懸案の「今後の同窓会の在り方」について、同窓会活動検証チームにおいて議論を進めてきました。まだ最終的な方向性は定まっていませんが、最終的には東商業高校は無くなっても我々同窓生は残っていること、同窓生が残っている間は同窓会を存続すべきであり、将来先細りになるとしても活動の継続を望む方々がおられる間は、何らかの形で同窓会活動を継続していくといった、極めて当たり前の結論に帰結しつつあると考えております。具体的な例としては、総会の在り方は、全体総会の縮小や廃止、懇親会への移行、活動全体の活性化については、学年行事や見学会等皆様が参加しやすい行事の充実等により、参加者の増加を図って参りたいと思っています。
 今年一年は、これらの行事の充実と、来年の100周年記念行事に全力投球していきたいと思っています。同窓生の皆様には同窓会活動に倍旧のご支援、ご協力を賜りますようお願い申し上げます。
post by HP管理 | コメント(0)
会長 大岩 勇次
 今般、原前会長並びに常任理事会の皆様のご推薦を頂きまして次期会長職を務めさせていただくことになりました新19期の大岩です。戦後生まれの若輩者であり、伝統ある東商業高等学校同窓会の会長としては些か力不足は否めませんが、同窓生皆様方のご支援を頂戴しながら精一杯務めさせて頂きますのでよろしくお願いいたします。
 さて、我が東商業高等学校の前身である東区甲種商業学校が1920年に創立されてから2020年に100周年を迎えることになりますが、残念ながら母校そのものは三商統合で既に無くなっていますので、新入会員もなく、同窓会活動を支えるボランティアメンバーも高齢化を否めません。併せて新メンバー確保も困難になりつつあるなど色々問題点を抱えながらも従前の活動を維持すべく頑張っています。非常に残念で寂しい話ではありますが、本同窓会活動もいずれ、どこかの時点で維持が困難となり、終焉を迎えることは避けて通れないことです。そうは言っても、一方で我々の青春時代の証でもある同窓会活動を何らかの方法でできるだけ継続して欲しいといった要望もあります。当面の同窓会活動は、活動を支えてくれる新たなボランティアメンバーを募りながら2020年の100周年記念総会に向けて精一杯の活動を続けたいと思っていますが、同時にその後の活動の在り方も並行して検討する2年間にしたいと思っています。 
 同窓生会員の皆様にはご理解と引き続きのご支援、ご協力をお願いいたします。
post by HP管理 | コメント(0)
会長 原 洋二
 新緑の候、東商同窓生の皆様には、ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。
平成24年4月浜口会長の後を受けて同窓会会長に就任いたしました。あれから、6年間あっという間に時が経過いたしました。そして、本年大岩会長にバトンタッチができましたことに、感無量の思いがございます。これもひとえに同窓生皆様のご支援ご協力のお陰と深く感謝申し上げるしだいでございます。顧みますと、果たして会長職を全うできるのだろうか不安のスタートでございました。
 しかし、それは無駄な心配に終わりました。東商同窓会には先輩の方々が築いてこられました良き伝統が脈々と流れております。私も本流からそれないことを目標にこの6年間を務めてまいりました。
 この間、同窓会にも大きな変化がございました。それはみなさまご承知のように東商業、天王寺商業、市岡商業の三校が統合され大阪ビジネスフロンテア高等学校が誕生したことでございます。このことにより東商の卒業生は無くなり新たに同窓会に入会する後輩はいなくなりました。そんななか、今後の同窓会の運営はどうするのか、三商の同窓会が統合してはどうかなどさまざまな検討がなされました。
 そして、同窓生がある限り東商同窓会は継続して活動していくことに決定したのでございます。新入会員が無くなったこの同窓会をどうするのか難しい課題がございます。
 現在「同窓会活動検証チーム」が発足して今後の同窓会をどう運営していくのか検討がなされているところでございます。
 大岩同窓会長をはじめとする新執行部には難題を引き継いで頂くことになりますが、どうかよろしくお願いいたします。
 同窓生の皆様におかれましては同窓会の活動に倍旧のご支援ご協力を賜り、盛りたてていただきますようお願いいたします。
 長年のご支援に深く感謝申し上げまして、意を尽くせませんが退任の挨拶とさせていただきます。ありがとうございました。
post by HP管理 | コメント(0)
2017/04/21

ごあいさつ

会長 原 洋二
 新緑の候、東商同窓生の皆様には、ますますご清栄のこととお喜び申しあげます。
平素は同窓会の運営に格別のご支援、ご協力を賜り厚くお礼申しあげます。
 3月1日大阪ビジネスフロンティア高校(OBF)の第3期生の卒業式に出席してまいりました。
東商の卒業生が平成26年3月に70名が巣立って3年が過ぎました。新しいOBFの校風が芽吹いていく感じがいたします。
 高校の話題がはずみますとOBFのPRをするようになりました。高校野球の記事を見てもOBFを探します。やはり私たちのDNAを引き継いでくれていると思うと応援をしたくなります。卒業生の半数は進学という状況ですが、就職先をみますと私たちの先輩が、私たちが、私たちの後輩が就職した企業名がたくさんありました。うれしいかぎりです。
 さて、同窓会でございますがなかなか皆様の期待にそえるような活動ができず申し訳なく思っております。東商の体育館で開催していた総会を、中の島中央公会堂で開催したのをかわきりにホテル開催になりました。年々参加者の減少に歯止めがかからない状況で対策に苦慮しているところであります。28年6月19日帝国ホテルで総会を開催いたしました。当番期18期・28期・38期のみなさんのお骨折りで楽しい一日を過ごすことができました。皆で歌う校歌斉唱は同窓会の極みであります。どうかご参加ください。校歌斉唱に声をはりあげましょう。
 今年は6月25日正午より太閤園(大阪市都島区)で開催されます。19期・29期・39期の皆さんが連日企画を練り皆さんのご参加をお待ちしております。是非是非ご参加ください。
 懸案でありました東商跡地の記念碑建立につきましては、9月頃を完成予定に作業を進めているところでございます。近くをお通りの節にはぜひ足を止めて見ていただきたいと思います。
 卒業生にとって学校はなくなっても、心の故郷であります同窓会はなくてはなりません。まずは先輩、後輩が席を同じくするところからが同窓会のスタートと考えます。どうか各種行事に気軽にご参加をお願いいたします。
 今後の同窓会活動に、より一層のお力添えをいただきますようお願い申しあげます。
 結びに当たり、会員各位のご健勝とご繁栄を心から祈念してご挨拶とさせていただきます。
post by HP管理 | コメント(0)
2016/04/06

ごあいさつ

会長 原 洋二

 新緑の候、東商同窓生の皆様には、ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。
平素は同窓会の運営に格別のご支援、ご協力を賜り厚く御礼申し上げます。
 東商の卒業生がいなくなり2年が経過しました。新しい同窓生を迎えることができなくなったことは残念でなりません。
 先日大阪市教育委員会から東商跡地の記念碑建立についての話しがあり今後具体的な検討を進めていく予定であります。
 さて、同窓会は昨年はシェラトン都ホテルで300名の会員の方を迎えて開催されましたが年々参加者の減少に歯止めがかかりません。300名を目安と考えておりますがかなり厳しいものがあります。東商同窓会見学会もバス2台の参加者を確保するのは難しくなってまいりました。こうしたなかで何かアピールできるものはないかと知恵をしぼっていますが、まだ新しい手だてが見つからないのが現状であります。他校の同窓会の現状をお聞きするとやはり同じような悩みを抱えておられるようであります。そうした中ではありますがとりあえず立ち止まることなく活動をすることが明日につながると考えております。どうか皆様のご参加で盛り上げていただきますようにお願いいたします。
 今年の同窓会総会は、6月19日(日)帝国ホテルで18期(69歳)28期(59歳)38期(49歳)の3期の皆さんにお世話をお願いして開催されます。皆様のお元気な顔をお待ち申し上げます。
 卒業生にとって学校はなくなっても心の故郷であります同窓会はなくてはなりません。まずは先輩、後輩が席を同じくするところからが同窓会のスタートと考えます。どうか各種行事に気軽にご参加をお願いいたします。
 今後の同窓会活動に、より一層のお力添えをいただきますようお願い申し上げす。
 結びに当たり、会員皆様のご健勝ご繁栄を心から祈念してご挨拶とさせていただきます。

post by HP管理 | コメント(0)
2014/06/13

ごあいさつ

会長 原 洋二   
  新緑の候、東商同窓生の皆様には、ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。
 平素は同窓会の運営に格別のご支援、ご協力を賜り厚く御礼申し上げます。
 去る3月5日の新設校の大阪ビジネスフロンティア高校で行われた卒業式に出席してまいりました。
 まずは同窓生のみなさまにご報告申し上げたいとと思います。東商業、市岡商業、天王寺商業の三校合同の卒業式、最後の東商生70名が巣立って東商の長い歴史に幕を閉じました。式の最後、三校の校歌斉唱の後校旗が後継の「大阪ビジネスフロンティア高等学校」の後輩に引き継がれました。東商生はいなくなりましたが、この後輩たちがそれぞれの学校の伝統を継承しより発展させてくれることを願ってやみません。「士魂商才」の東商魂もこの後輩の生徒たちを通じて生き続けてくれるものと信じます。
 さて、同窓会は今回の卒業生を最後に新入会はなくなりますが、同窓会はこれからも活動を続けて参ります。卒業生にとって学校はなくなっても心の故郷であります。同窓会はなくてはならないものと思います。そのために、今後の同窓会を活性化させながらいかに運営していくのかを各委員会で知恵をしぼっているところであります。
 現在当番期が運営主体で開催される同窓会総会・懇親会。年2回開催のバスツアーによる見学友の会。秋開催の同窓会ゴルフコンペ。レディースクラブによる趣味教養講座。会誌の発行、ホームページの充実等々の企画をし実施しています。
 まずは先輩、後輩が席を同じくするところからが同窓会のスタートと考えます。どうか気軽にご参加をお願いいたします。ご意見頂戴できますれば幸いであります。
 今年の同窓会総会・懇親会は6月29日ホテルニューオオタニ大阪で開催されます。会員のお元気なお顔をお待ち申し上げます。(当番期16期・26期・36期) 
 今後の同窓会活動に、より一層のお力添えをいただきますようお願い申し上げます。
 結びに当たり、会員各位のご健勝とご繁栄を心から祈念してご挨拶とさせていただきます。
post by HP管理 | コメント(0)
2014/06/13

ごあいさつ

校長 井上 省三 
 東商業高等学校・同窓会会員の皆様、こんにちは。校長の井上でございます。
 一昨年度、母校・東商業高等学校は市岡商業高等学校、天王寺商業高等学校と同じ学び舎に移転し、後継の学校となる「大阪ビジネスフロンティア高等学校」に新入生を迎え、新たなる時代を迎え早二年が経ち、いよいよ、東商業高等学校の名前での最後の卒業生が旅立ってまいりました。同じ校舎に、四校の生徒たちの異なる制服が集う生活は、たいへん難しい学校経営となりましたが、同時に活気に満ちた素晴らしいひと時でもありました。開校式典でお披露目したとおり、新しい学校の校訓は「守破離」です。母体三校の長きにわたる歴史と伝統をしっかり守り、商業の基本を大切にしながらも新しい時代にふさわしい教育を実践していくために自らの殻を破り、本校独自の新たな境地を見出すことを校訓として標榜いたしました。
 「東商業高等学校」の名前での最後の生徒たちが、有終の美を飾ってくれましたが、同時に、彼らから、大阪ビジネスフロンティア高等学校の生徒たちに「東商」の素晴らしい伝統もしっかりと受け継がれてまいります。同窓会会員の皆様におかれましては、是非とも後継となる大阪ビジネスフロンティア高等学校の生徒たちの応援もお願いしたいと思います。
 最後になりましたが、同窓会会員の皆様のなお一層のご活躍、ご健勝を祈念いたしますとともに、引き続きのご支援をお願い申し上げ、ご挨拶とさせていただきます。
post by 広報委員 | コメント(0)
2013/05/30

ごあいさつ

会長 原 洋二
   新緑の候、東商同窓生の皆様には、ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。
 平素は同窓会の運営に格別のご支援、ご協力を賜り厚く御礼申し上げます。
 去る3月5日の新設校の大阪ビジネスフロンティア高校で行われた卒業式に出席し祝辞を述べてまいりました。
 例年見慣れた卒業式風景と変わり、今年は東商、市岡商業、天王寺商業の三校合同の卒業式でありました。後輩たち78名は立派にたくましく巣立って行きましたことを、ご報告申し上げます。
 来年3月に最後の卒業生を送り出し、東商の長い歴史に幕を閉じることになります。すでにカウントダウンが始まっていることを思うとさみしい限りであります。そうした中で、私たち同窓会は卒業生の心の拠点となるべく、さまざまな活動を通じて東商魂を継承しなくてはならないと考えます。
 同窓会には先輩諸氏が築いてこられましたよき伝統が脈々と流れております。それを大事にしながら、いかに興味を持ち参加して頂けるかいろいろと考えているところであります。ご意見頂戴できますれば幸いであります。
 同窓会本部も昨年12月末に長年馴染んだ久太郎町の同窓会館に別れを告げ、1月より新設校の大阪ビジネスフロンティア高校に移り活動を始めております。お気軽に足をお運び下さい。
 また平成26年3月までは、大阪ビジネスフロンティア高校に東商の校名も掲げてございます。機会があれば、ぜひお立ち寄りいただき東商の最後を記憶していただきたく思います。
 同窓会総会が学校の体育館を離れて、ホテルで開催されるようになり、11年目になりました。最初に運営に携わった当番期が二巡目となります。今年は6月16日ホテル日航大阪で開催されます。先輩諸氏の元気なお顔をお待ち申し上げます。
 今後の同窓会活動に、どうか皆様方のお力添えをいただきますようお願い申し上げます。
 結びに当たり、会員各位のご健勝とご繁栄を心から祈念して挨拶とさせていただきます。
post by HP管理 | コメント(0)
2013/05/30

ごあいさつ

学校長 井上 省三
  東商業高等学校同窓会の皆様、こんにちは、校長の井上でございます。
  昨年度、母校東商は市岡商業高等学校・天王寺商業高等学校と同じ学び舎に移転し、後継の学校となる「大阪ビジネスフロンティア高等学校」の新入生を迎え、新たなる時代を迎えました。同じ校舎に、四校の生徒たちの異なる制服が集う生活は、各々の学校の歴史、文化感をいかに融和させていくかがテーマの、たいへん難しい門出となったわけですが、生徒たちはいち早く交わり、これまでも一緒に過ごしていたかのような安定した生活を、この新しい校舎で過ごしております。
 開校式典でお披露目したとおり、新しい学校の校訓は「守破離」です。母体三校の長きにわたる歴史と伝統をしっかり守り、商業の基本を大切にしながらも新しい時代にふさわしい教育を実践していくために自らの殻を破り、本校独自の新たな境地を見出すことを校訓として標榜いたしました。各校の生徒たちも、様々なシーンで挑戦を続けてくれましたが、中でも東商業高校の生徒たちは全商協会主催の簿記コンクールにおいて、大阪府代表として全国大会に出場するなど、大いに活躍してくれました。今年は、いよいよ「東商業高等学校」の名前での最後の生徒たちが三年生になります。きっと、有終の美を飾ってくれるものと信じておりますが、同時に、彼らから、大阪ビジネスフロンティア高等学校の生徒たちに「東商」の素晴らしい伝統をつないでくれるものと、大いに期待しております。同窓会会員の皆様におかれましては、是非ともこの生徒たちの応援をおねがいしたいと思います。特に、不況下の現状を踏まえ、お知り合いに新入社員の求人の予定があるようでしたら、是非とも、東商業高校の生徒への求人をご依頼いただければ幸いです。
 最後になりましたが、同窓会会員の皆様のなお一層のご活躍、ご健康を祈念いたしますとともに、引き続きのご支援をお願い申し上げ、ご挨拶とさせていただきます。
post by HP管理 | コメント(0)