この記事は会員のみ閲覧できます。こちらのログインページにてIDとパスワードでログインしてご覧下さい。

6月18日(土)、浜松の鰻の藤田にて、同窓会名古屋・静岡合同支部会が開催されました。学校からは長谷川洋一副理事長と川村直人法人事務局長が出席してくださいました。

礼拝では、「主において喜びなさい。重ねて言います。喜びなさい。」というパウロが獄中で書いた箇所から長谷川先生がお話してくださいました。私たちは、学院生活の中で、どんな状況でも喜びを求めることを教えてもらっていたことを思い返す機会となりました。

そして、集ったのは同じ教育をうけた90歳から40歳代までの17名。近況報告を兼ねた自己紹介などで、今年もあっという間に時間が過ぎていきました。

今年は初めて出席してくださった方、約10年ぶりの出席の方もおられ、一段と賑やかな会となりました。

来年は、名古屋での開催となります。是非、ご参加ください。

                           (静岡支部長 岩井雪代)
同窓会室 | コメント(0)

2016年九州支部会

2016年09月11日(日)
本年度の九州支部会を開催致しました。
 女学院、同窓会本部から廣田先生、ヴァンダビルト会長をはじめ4名の皆様にお越しいただき少人数ながらアットホームな雰囲気で約2時間楽しいひと時を過ごしました。木曜日に開催されたばかりの体育祭に話が及び、応援合戦で盛り上がった話など、学生時代に戻ったかのような楽しい時間はあっという間に過ぎ去りました。
 女学院の大学短大が順調に学生を集め、年々留学生も増えているとのこと、卒業生としてとても嬉しく思います。
 九州支部会は反対に参加者が年々減少ぎみですが、この集まりを絶やさないよう、微力ながら頑張っていこうと思います。
 今回は特に先だっての地震に関して特別な平和の祈りを捧げていただきました。この場をお借りして感謝申し上げます。
 また来年の再開を楽しみにしております。


同窓会室 | コメント(0)
 春光うららかな季節となりました。同窓生の皆さまにおかれましては
お健やかにお過ごしのことと存じます。

さて、平成28年度の大阪女学院九州支部同窓会を下記の通り開催いたします。
 当日は女学院中学校・高等学校校長の廣田雅司先生と、同窓会本部から
役員が出席される予定です。
万障お繰り合わせいただき、ご参加くださいますよう心よりお待ち申し上げます。

 共に食卓を囲みながら女学院の今・昔について語り合いたいと思います。
 
平成28年4月
                                                支部長 阿部 佑希子
 

  日時  2016年6月4日(土)11時30分より
  場所  西鉄グランドホテル 1階
      グランドキュイジーヌ ラ・カスカドゥ
      (電話 092-781-0435 エリアカスケードレセプション)
      福岡市中央区大名2-6-60
   地下鉄天神駅 改札西口 2番出口(住友生命福岡ビル)左折
               西へ約100m
   西鉄バス 西鉄グランドホテル前
            (行先番号13,51,52,56,57  明治通・天神経由)
    博多駅、吉塚方面から乗車される方は、降車後天神方面へ100m
 
  会費  4千円 
 
準備の都合がありますので、お手数ですが、5月6日(金)までに
返信用はがきにてご出欠をお知らせください。

九州支部以外のお住まいの方は、同窓会本部にお申込みください。
             (締め切り5月6日)
同窓会室 | コメント(0)
2015年6月13日(土) 名古屋トラットリア・トぺ

学院から長谷川副理事長、神田事務局長(大学)、本部からバンダビルト会長、書記の山本典子さんをお迎えし、16名で名古屋・静岡合同支部会を開催しました。

長谷川先生のコリント人への手紙からのお話、神田事務局長の学校のお話、バンダビルト会長やお一人お一人の近況報告等に耳を傾けながら、楽しい団欒のひと時をすごせたことはとても感謝でした。年々参加人数が減っている中で本部から支部会員全員に案内を送ってくださったことから、S45年卒の船橋秀子さんが静岡支部の岩井さんのお誘いで、S63年卒の濱口美和子さんが始めて出席してくださいました。



また、S18年卒の小川さんから毎年恒例の手作りのビーズのキーホルダーと小物入れを全員に頂きました。毎年、楽しみにしています。

食事の後は同じビルの上にあるヤマザキマザック美術館で学芸員の説明の後、18~20世紀のフランス美術を堪能しました。美術鑑賞の後は喫茶店でお茶を飲みながらおしゃべり。あっという間に1日が過ぎました。

来年は静岡支部の主催で浜松で行われます。

                                                                                                           名古屋支部長 桐田裕子(S51短卒)
同窓会室 | コメント(0)

東京支部総会報告

2015年09月15日(火)
今年も東京支部総会を6月6日(土)12時〜15時、新宿三井クラブにて開催することが出来感謝でした(61名出席)。
西村耕先生、大学、短大学長の加藤映子先生、副理事長の長谷川洋一先生、法人事務局長の川村直人先生、そして同窓会本部からは書記の崔裕子三、評議員の神之門禎子さんがご出席下さいました。
 
礼拝では長谷川洋一先生からマルコによる福音書2:1〜9より「4人の男達の信仰」と題して病の人が友の信仰によって癒されたお話をしていただき示唆を与えられました。
 
会食の後、エネルギッシュな大学長の加藤映子先生から130年を記念して作られた最新のビデオを使ってヘール先生から始まる大阪女学院の歴史と4つのスピリット(真理の追求、隣人を愛する、正しい知識を持つ、社会への参加)についてのお話を伺い、今も変わらない女学院の力を感じました。
 




なつかしい西村耕先生、川村直人先生からも貴重なお話をお聞きすることが出来、心を豊かにされました。
 
最後に校歌を歌い、来年の再会を祈りつつ散会いたしました。
 
今年は支部総会の案内状を本部で引き受けてくださり、ほんとうに助かりました。平成6年卒の若い幹事さん達がすてきなプログラムを作ってくださったことも感謝でした。
 
来年は6月11日(土)新宿三井クラブにて開催の予定です。日本中からのご参加をお待ちいたしております。          
東京支部長 国分満代
同窓会室 | コメント(0)

名古屋・静岡合同支部会報告

2015年09月15日(火)
6月13日(土)、名古屋のトラットリア・トペにて名古屋・静岡合同支部会が開催されました。

学校からは副理事長の長谷川洋一先生と神田尚人短大・大学事務局長が出席してくださいました。 礼拝では長谷川洋一先生が第2コリント4:16〜18より、目には見えないけれど大切なものについて現在の女学院の様子を混じえながらお話してくだり、続いて愛餐会では参加者16名が近況報告を兼ねた自己紹介をし、楽しい時間が過ぎました。


今年も最年長の小川澄子さん(18年卒)より手作りのお土産をいただきその後、ヤマザキマザック美術館にて鑑賞をしました。

毎年、同じ大阪女学院という根っこで繋がっている方々とお会いでき、パワーをもらえる会に出席できることに感謝しています。

来年は浜松での開催となります。是非お越しください。

静岡支部長 岩井雪代
同窓会室 | コメント(0)
京滋支部会
7月4日、京の老舗、萬亀楼を訪れました。
ご存知でしたか?女将さんが、私たち母校の卒業生なのです。
とても良くしていただき、お世話になりました。
例年に増して、参加者が多く、嬉しいことです。
昭和の卒業生から平成の卒業生までが同じ席に♡
時代を越えて、初対面でも、同じ学び舎で過ごした….という
和気あいあいの雰囲気。支部会というのは、こうでなくては!….と
感じました。ご参加くださった皆様、ご来賓の西村耕先生、錦織一郎先生
中垣芳隆先生、そして女将の小西さん、本当にありがとうございました。
心よりお礼申し上げます。とても楽しく有意義な一日でした。

来年は、祇園祭り、鉾の曳き初め(ひきぞめ)を見せていただきながら…という
ちょっと変わった京滋支部ならではの会を計画しております。
H28年7月13日(水)平日ですが鉾に合わせました。今から予定して
いただきお気軽にご参加お待ちしております。
また、お会いいたしましょう。その時までお元気で♡ シャローム
                      京滋支部長 山本信子
同窓会室 | コメント(0)

京滋支部会開催のご案内

2015年06月18日(木)
下記の要領で京滋支部会を開催致します。
皆様お誘い合わせの上ご参集ください。

開催日時 2015年7月4日(土)
12時~14時30分 (受付は11時30分より)
開催場所  京都府京都市上京区猪熊通り出水上ル蛭子町387
 (京都府京都市上京区蛭子町(猪熊通)387)
 電話: 075-441-5020
 JR京都駅から市バス9番、50番・又は三条京阪、四条河原町から12番に乗車、堀川下長者町下車徒歩3分です。
会  費 8,000円

ホームページ管理 | コメント(0)

6月6日、博多大丸にて、平成27年度九州支部会を開催しました。
天候に恵まれ、錦織理事長、ヴァンダビルト会長、三木さんにも出席いただき和気藹々とした会となりました。わずか7名でしたが、女学院での教育や、先生方との出会いが一生の財産と再認識いたしました。
戦後間もないころの学生生活など、貴重な体験を伺い、ひと時学生時代に戻ったような気がしました。
来年の再会を楽しみにしています。
九州支部 書記 武田 美榮
ホームページ管理 | コメント(0)